取ったぞ! Ryzen APU Ryzen3 2200Gのベンチを

はるばる米国からアラスカを経由してやってきたRyzenAPU 2200G.

最初にAmazon.comのほうで予約してたときは2/16到着予定だったから遅れると思ったが、日本での発売日2/13に届けてくれるとか有能

 

CPUが$99

送料が一番にオプションのUPS発送で$18.83

Visaのレートが¥110t

〆て¥13,000

日本円で買うより若干の節約になった。それよりASKに金が回らないというのがでかい

 

PC構成

  品名 値段
CPU Ryzen5 1600 30,020 dショッピング
MB BIOSTER X370GTN  10,000 不明
Memory CT2K8G4DFD8213「PC4-17000(DDR4-2133)」 11,724 Amazon
GPU GF-GTX1050-2GB/OC/SF 12,796 同上
HDD WD30EZRX 流用  
PSU SST-SX600-G 10,980 PC1's
Case Colossus  5,000 TUKUMO
OS Windows10 Home 14,195

Amazon

ベースのPCはこれ

(1)Ryzen5 1600+GTX1050+DDR4-2133

(2)Ryzen5 1600+GTX1050+DDR4-3000

(3)Ryzen3 2200G+DDR4-2133

(4)Ryzen3 2200G+DDR4-3000

1と2の比較は先日記事にした

 

 X370GTNにリテールクーラーWraith Stealthを取り付ける過程で2200Gのは干渉して取り付けられそうにないので1600のリテールWraith Spireを使用する。

ヒートシンクなしのメモリーなら取り付けられるかな?*1

f:id:NEXTAltair:20180216034124p:plain

Wraith SpireとWraith Stealth

銅芯の高さ以外設計は同じようだ

 

 

ベンチ

若干想定したスコアと違うスコアが出ていたりする。多分常駐とかとの兼ね合い

 

1600(1)(2)のほうが2200G(3)(4)に比べてクロックは0.1GHz高いがシングルスレッドの性能が上がってる。若干改良が入った故なのかは不明

メモリによる差はあまりみられない

 

 

https://i.imgur.com/fQY55RA.png

GPUが使うからOpenGLのスコアの方がメモリ性能の影響を大きく受けると予想したが、以外にもメモリによる効果はCPUのほうが大きい

2200Gのメモリの違いによる伸び率が強い

 

 

https://i.imgur.com/372obIg.png

ここでも1600に比べてメモリのスペックによる伸び率がいい2200G

3D性能は逆に落ちている

実はメモリの違いによる伸びが強いのはGPU絡みではないのかもしれない

 

 

f:id:NEXTAltair:20180216042028p:plain

Extendedでやたら強い(4)の構成。理由は不明*2

このベンチは2200G強い

 

 

https://i.imgur.com/BQTGJzX.png

グラフィックス性能はあまりメモリスペックの影響は受けてない

逆にCloudGateのように下がる場面も

 

https://i.imgur.com/wFyuRlN.png

 

    Ryzen5 1600     Ryzen3 2200G  
    玄人志向GTX1050     Vega8  
    PC4-17000(1) PC4-24000(2) (1)/(2)増加率   PC4-17000(3) (1)/(3)増加率 PC4-24000(4) (3)/(4)増加率
PASSMARK PASSMARK 2997 3080 3%   2262 -25% 2475 9%
  CPU 12496 12456 0%   7050 -44% 7440 6%
  2D 708 724 2%   558 -21% 619 11%
  3D 6374 6490 2%   1990 -69% 1921 -3%
  MEMORY 1743 1931 11%   1232 -29% 1758 43%
                   
                   
CHINE OpenGL(fps) 88.97 98.15 10%   43.5 -51% 45.56 5%
  CPU(cb) 1112 1113 0%   414 -63% 519 25%
  ;                
Crystal Mark 399492 416253 4%   248736 -38% 248109 0%
  ALU 147385 148404 1%   78682 -47% 80101 2%
  FPU 104429 105254 1%   45682 -56% 43803 -4%
  MEM 69186 81454 18%   61141 -12% 58248 -5%
  HDD 14900 14545 -2%   15776 6% 14471 -8%
  GDI 12755       8950 -30% 12490 40%
  D2D 18740       3569 -81% 3569 0%
  OGL 32097       34956 9% 35427 1%
                   
                   
CPU-Z SingleThread 388.1 385.3 -1%   418.1 8% 423.1 1%
  MultiThread 3149.4 3144.7 0%   1591.7 -49% 1616.9 2%
                   
                   
3Dmark11   3130 3168 1%   956 -69% 990 4%
                   
3Dmark CLOUD GATE 25391 25714 1%   11167 -56% 10897 -2%
  Sky Diver 19936 20312 2%   8299 -58% 8379 1%
  FIRE STRIKE EXTREAM 1.1 3202 3202 0%   1085   1114 3%
  FIRE STRIKE         222      
  Time SPY   2133     850   856 1%
                   
PCMark10 v10 3724 3792 2%   2553 -31% 3179 25%
  Express 3314 3315 0%   2321 -30% 2936 26%
  Extended 4128 4082 -1%   2346 -43% 4745 102%

*1:無理そうな気がする

*2:入力ミスったかな?

小さすぎて本当にmini-ITXか不安になるIN WIN IW-BQ656/150N-U3を買ったよ。

RyzenAPUがもうすぐ発売になるのでmini-ITX小型PCを考えてみるのときにはSST-ML05Bが候補だと言ったが、あれから色々調べていくと良さげなケースが有ったよ

 

IN WIN社製 Mini-ITXミニタワーPCケース BQ656S

 

本体サイズはW225×D76×H193mmと超小型、VESAマウント対応で150W電源搭載

こういうの欲しかった。しかも去年末に付属電源が従来の120Wから150Wにグレードアップして新発売。これはRyzenAPUで組んでくれとIN WINの叫びが聞こえる。前のモデルのIW-BQ656/120Nの付属120W電源じゃTDP65WのRyzenAPUには少なすぎる

CPU  65W

メモリ 10W

SSD  15W

マザー 50W

ざっくり計算で120Wと容量ギリギリじゃ心許なかったところにこれ、そりゃポチる*1

 

ドスパラで¥10,670

 

レビュー

ウェットティッシュの箱の3倍もないような大きさ

小ささに驚いて届いたときにはほんとにmini-ITXなの過心配になって公式サイトを見直しに行った

横置きにしたときのてんめん部分はメッシュになっていて、高さギリギリのCPUFANでも冷却に支障はない。掃除は大変そうだけど

Bitfenix「Colossus-ITX」と重ねると大人と子供、というより相撲取りと子供

 

付属品は電源コード、ネジ類、SATAケーブル、SLIMLINE SATA*2

f:id:NEXTAltair:20180209172329p:plain

スリムドライブ用のSLIMLINE SATAの電源コネクタはV5ラインの2ピン

 

中身は電源とマザーだけがなんとか収まる大きさ

スリムドライブや2.5インチベイは背面行き

裏配線スペース*3は1.5cmとなかなか

 

 

 

電源コネクタは最低限

ATX24ピン、ATX12V、SATAとそして未だ生き残り続けるFDD用が各一つずつ

 

スリムドライブ用ベイの上のSDカードスロット専用みたいなのは何なんだろ?

ここにハマるサイズのカードリーダーとかってあるの?*4

 

総評

mini-ITXのケースでもコロッサスに比べるとここまで大きさが違うことに驚いた

小さくて電源付きで安価な割には部材は安っぽい作りの部分がなくて満足度高め。メッシュ部分も押せば凹むようなペラペラのものを使った製品もあるが、これはしっかりしていた

 

組み付けはRyzen3 2200Gが届く2/16以降に

 

Amazon.comで買った 2200Gは2/16日に届くんだ!!

日本発売は13日で売価もそう高くないんでお得ってわけじゃなかったけれど

*1:130で不安ならIW-BP671/300Bという一回り大きめの300W電源付属のケースも有る。USB2.0しかないので選外だったが

*2:不勉強なので初耳だった。

*3:必然的に裏配線になるし、必要もなさそうではあるが

*4:誰か知ってたら教えてください

PC4-17000(DDR4-2133)とPC4-24000(DDR4-3000)の比較ベンチ

nextaltair.hatenablog.com

 

前回にも書いたメモリーがいち早く届いたので以下のPCのメモリーを入れ替えてベンチを回した。

  品名 値段
CPU Ryzen5 1600 30,020 dショッピング
MB BIOSTER X370GTN  10,000 不明
Memory CT2K8G4DFD8213「PC4-17000(DDR4-2133)」 11,724 Amazon
GPU GF-GTX1050-2GB/OC/SF 12,796 同上
HDD WD30EZRX 流用  
PSU SST-SX600-G 10,980 PC1's
Case Colossus  5,000 TUKUMO
OS Windows10 Home 14,195

Amazon

CMK16GX4M2B3000C15「PC4-24000(DDR4-3000)」

CT2K8G4DFD8213の購入価格12,000円と比べると同じ16GBで約2倍の2,6000円この価格差は2016年秋以降のメモリー価格の異常な値上がりのせいで性能とは何の関わりがない。

 

ベンチ

f:id:NEXTAltair:20180208062911p:plainf:id:NEXTAltair:20180208072159p:plain

 換装前→換装後

 メモリに対するベンチマークは10%以上の増加が見られるが、総合スコアやその他の項目に対しての増加率は値段相応と見るべきか

    PC4-17000 PC4-24000 増加率
PASSMARK PASSMARK 2997 3080 3%
  CPU 12496 12456 0%
  2D 708 724 2%
  3D 6374 6490 2%
  MEMORY 1743 1931 11%
         
CHINE        
  OpenGL(fps) 88.97 98.15 10%
  CPU(cb) 1112 1113 0%
         
Crystal Mark 399492 416253 4%
  ALU 147385 148404 1%
  FPU 104429 105254 1%
  MEM 69186 81454 18%
  HDD 14900 14545 -2%
  GDI 12755    
  D2D 18740    
  OGL 32097    
         
         
CPU-Z SingleThread 388.1 385.3 -1%
  MultiThread 3149.4 3144.7 0%
         
         
3Dmark11   3130 3168 1%
         
3Dmark CLOUD GATE 25391 25714 1%
  Sky Diver 19936 20312 2%
  FIRE STRIKE EXTREAM 1.1 3202 3202 0%
  Time SPY   2133  

 

RyzenAPUがもうすぐ発売になるのでmini-ITX小型PCを考えて見る

品名 値段
CPU Ryzen5 1600 30,020 dショッピング
MB BIOSTER X370GTN  10,000 不明
Memory CT2K8G4DFD8213「PC4-17000(DDR4-2133)」 11,724 Amazon
GPU GF-GTX1050-2GB/OC/SF 12,796 同上
HDD WD30EZRX 流用  
PSU SST-SX600-G 10,980 PC1's
Case Colossus  5,000 TUKUMO
OS Windows10 Home 14,195 Amazon
       
       

上記の様なmini-ITXのPCは持ってはいるが大きなGPUの搭載も可能なケースなんででかい

APUであるRyzen5 2400GとRyzen3 2200Gが出るまではGPU必須だったんでそれは避けられなかった

 

 

超小型PCの構成

 どんなPCにするか小さければ小さいほどいいし、電源もACアダプタータイプのものは今まで組んだことがなかったからそれも良さそう

 

CPU 注文済み

 動けば満足なのでRyzen3 2200Gのほうがだいぶお得。実際Amazon.comのほうで注文が始まってたからAskにカネを払いたくはなかったからそこで注文。一番いい配送オプションで¥13,393だった。今のところ発売中のAM4APU A12-9800E BOXは価格.comで最安¥12,290だから、かなりお得感ある。

 

メモリ 注文済み

 RavenRidgeはメモリ周りが強化されて高規格のメモリをサポートしはじめるようになって、Ryzen自体もメモリ性能の効果がよく出るので出来れば高性能のメモリがほしいが予算の都合もある

 そこでコイツを楽天で¥26,880にポイントバック

 

 Ravenがサポートするメモリを使おうとするとPC4-23400(DDR4-2933)規格のやつは16GBで約¥35,000とCPU本体を軽く凌駕する当然買えない

 

CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2B3000C15

CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2B3000C15

 

 

マザー

 AM4のmini-ITXは数が少なく、ASUS製はAPU用の画像出力端子がない

BIOSTAR    WifiBluetooth非搭載 DVI+HDMI

ASRock      WifiBluetooth搭載   HDMI*2

GIGABYTE WifiBluetooth搭載  Display+HDMI

GIGABYTE製AM4マザーは触っとことがないんで「GA-AB350N-Gaming WIFI (rev. 1.0) 」で決定

 

f:id:NEXTAltair:20180203173908p:plain

 

 

SSD

 今から新規で組むならHDDにOS入れずに、M.2のPCIe接続のSSDに入れたい

SATAケーブルはわせるより内部も超すっきりまとまる

サムスンは評判がいいし使いたくはあるけど、予算の都合で「WESTERN DIGITALWD Black PCIe WDS512G1X0C」

 

 

ケース

 小さいほどいいが、実物を見られない地方民には辛い

小さいほうがいいがスペックシートとにらめっこしてもピンと来ることがない

SST-ML05B辺りが第一候補かな

 

IN WIN IW-BQ656/150N-U3にした

電源

 SFXでプラグインの安いやつってことで「玄人志向KRPW-SXP400W/90+」あたりか

 

  品名 値段
CPU Ryzen3 2200G 13,393(配送オプション込) Amazon.com
MB      
Memory CMK16GX4M2B3000C15 26,880 楽天(Joshin)
GPU      
HDD      
PSU      
Case      
OS      
SSD      
       

Ryzen7 1700のベンチマークとエンコード速度

nextaltair.hatenablog.com

前回からの続き

換えたらベンチをとる

 

構成

ベースクロック3GHzのところ換装前のRyzen5 1600と同じベースクロックにするためマザーボード側で3.2GHzにオーバークロック済み

比較がある場合は構成に変更があるが前回の値を参照している

モリーの容量が16Gから8G に減ったことが結構な影響を出しそう*1

  品名 値段
CPU Ryzen7 1700 37,000(MBとセット) NTT-X
MB MSI B350M GAMING PRO 9,980 同上
Memory W4U2133PS-4G [DDR4 PC4-17000 4GB 2枚組] 不明 不明
GPU GT720 2,000 中古
HDD WD30EZRX 不明  流用
PSU CX550M 3,553 Amazon
Case サイズ 静寂(SCY-DFR5-BK) 8,618 楽天(パソ工)
OS Windows10 Home 14,195 Amazon
SSD PX-256M8PeGEN 9,980  NTT-X
       

 

ベンチ

f:id:NEXTAltair:20171230120930p:plain

CINEBENCHR15.038 

 OpenGL 52fps*2

 CPU       1120cb +25%

     6コアから8コアへ2コア増えてるのでコア数分スコアが上がったって印象

 

CrystalMark

 52734

 

Passmark

 CPUMark 13718

 

CPU-Z

 Single thread   364.6 -5%

        ベースクロックのもとの低さが出た結果だろう

 Match thread   3518 +11%

 

エンコード

f:id:NEXTAltair:20171230121114p:plain

 

放送時間4時間45分06秒のドキュメント72時間をHandBrakeFast1080pでエンコードした場合は 2時間22分36秒

放送時間の約半分でエンコード完了

 

 

録画エンコ機として重要なのはベンチより実際のエンコード速度なんだが、思ったよりにエンコード速度が上がってないな。メモリーが足を引っ張ってる可能性があるので買い替えたい。*3

 

 

おまけ

3DMark 6,998

標準スペック向けベンチCloud Gateの値

どう考えてもGPUボトルネック

*1:GPUの影響は低いだろう

*2:この値の比較はゲーミングPCじゃないのでパス

*3:モリー安くならね~かな~。 Ryzenはメモリースペックに結構依存するらしいんでいいメモリーがほしい

Ryzen7に換装とついでにPCを掃除

NTT-Xでつい安かったので衝動買いされたRyzen7 1700

MATXマザー(BIOSTER X370GT3)とセットで¥37,000

本当はATXのマザーとセットのほうが欲しかったが、売り切れなら仕方ないマザーはそのまま売れば¥10,000近くは回収できるだろうということで買い。

 

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

 

 

 

電気製品ってのは静電気を帯びてホコリを吸い寄せやすいからかなる汚れる。

このホコリがエアダスターで吹いても取れきらず舞い上がる、拭き掃除するわけにも行かずというところでこれを買う。

 

細いホースとブラシノズルで狭いとこのホコリも掻き出すように取れる優れもの

でも、うちの掃除機のノズルの口はメーカーの想定しているよりかなり太かった

死蔵するわけにも行かないんでコネクタにテープぐるぐる巻きにして帳尻を合わせる

 

 

約半年でこの埃嫌になる。

 

 

このめんどくさい掃除が終われば、楽しい換装の時間

f:id:NEXTAltair:20171212022239p:plain

1700のリテールファンは光るので、普通のケーブルとは別にケーブルがついてくる。

カバーを外して差し込んだ状態

 

 

f:id:NEXTAltair:20171212022514p:plain

ピカピカ光るが、ケーズの蓋を閉めれば無意味

 

X370GTNとColossus-ITXでRyzenITX機組んだよ

2台めのRyzen機を組む過程で小型PCいいなと思ってColossus いいなと思ってセールで¥5,000ほどで買ったがITXとmicroATXを間違えてColossus-ITXを買った結果。下記事の廃棄予定だったAntec NineHundredを流用したPCになって、Colossus-ITXは新品のまま死蔵。

nextaltair.hatenablog.com

そんな時いつものようにレディットBIOSTER X370GTN¥10,000割っとるぞという情報を聞いて飛びついた。他のITXマザーはASRockとGIGABYTEのがあるがB350でもWifiBluetooth内蔵とはいえ¥4,000高い

 

BIOSTAR AMD X370チップセット搭載 Ryzen対応  Mini-ITX マザーボード X370GTN

BIOSTAR AMD X370チップセット搭載 Ryzen対応 Mini-ITX マザーボード X370GTN

 
BitFenix Mini-ITX対応キューブケース Colossus-ITX ブラック BFC-CLI-300-KKLS1-RP

BitFenix Mini-ITX対応キューブケース Colossus-ITX ブラック BFC-CLI-300-KKLS1-RP

 

 しめて¥15,000ほど

それとこの記事のSilver Stone電源とCorsairの電源を交換

 

 

中身

microATXとの比較

初のITX小さいが機能は似たようなもん。PCIeやUSB端子は減ったりしてるけどオーディオ系端子は増えて、USB-TypeC端子が追加されてる。

 

 

ケース並べて

ミドルタワーと比べればだいぶ小さくなりましたが、ITX専用ケースにしちゃでかいColossus

 

 

Colossusの中

HDDが5台とPSUとHDDの間にSSDが2台入れるスペースがある

上部3台分の3.5インチベイを取り外せばGTX1080Tiクラスでも突っ込める室内長

 

 

中をありったけ取っ払ってみた。

こうくると結構組み付けるのが面倒だからマザーを置く台も外せたほうが嬉しい

いまどき使わないオープンベイの取り外しが出来るのが高感度高い。

 

 

フロントメッシュ

120mm2台か230mmまでの大型ファン1つ搭載できる

付属のファンは全面と背面に120mmが計2つ。

 

f:id:NEXTAltair:20170909152420p:plain

天面

簡易水冷用の2連ファンがそのまま突っ込める

高発熱のCPUやGPUでも安心。

 

200mmファン装着

NineHundredの天面ファンがもったいなかったので、でもファン形状が独特で普通のネジ止めでは止まらない。

 

使い勝手のいいプッシュピン

他にはシリコンネジとか呼ばれるファンを止めるネジ代わりのパーツ。アリババで¥100で20個入りというオトクな値段で販売中

弾性があるのでネジ穴がピッタリはまらなくてもファンが取り付けられるし、取り付け後は力を入れて引っ張ると外れるので再利用可能。

 

 

中身を詰め込んだ

中の余裕はまだ全然ある

組付中に面倒だったのはスイッチ類がフロントパネルではなく、サイドパネルのため接続が非常にやりにくい。スイッチやコネクタにアクセスするためケースの右側にスペースが必要だから使い勝手も悪いぞ。

 

 

マザーのレビューとしては、ユーティリティソフトの類が良く言えば質実剛健。悪く言えば非常に地味

GPUを外さずメモリー交換ができるようにという配慮なのかはしらないけど、メモリースロットが片ラッチなのが残念。 両ラッチのかっちり感の方が好きなんだよ

 

それと、これは重要最新BIOSだとp-state変更の項目がなくなってる

X370マザーなのに? 今後のアップデートで復活するかは不明。