不快広告はGoogleAdSenseでブロックする。 株式会社CTWとかビビットアーミーとかのとこ

Google任せのターゲティング広告出しそうセンシティブにならなくていいんじゃねえかとも思うが

 

知った以上は

情報を発信している以上は

GoogleAdSenseで利益を得ている以上は

 

無視するのもモヤモヤするよな

って事で特定の広告主からの広告をブロックする方法の説明とかでも

 

 

クソ広告とか

www.4gamer.net

www.gamecast-blog.com

 

スラップ訴訟とか

note.com

 

 

広告主を狙い撃ちでブロックする

GoogleAdSenseのページのブロックのコントロールから広告主のURLを選択

 

f:id:NEXTAltair:20200126092738p:plain

 

 

 

検索ウィンドウにドメイン名を入力

「.jp」部分までちゃんと入れないと検索しても出てこないので注意

f:id:NEXTAltair:20200126092922p:plain

検索結果はデフォルトでオフになっていてグレーアウトしているので、下のように青くなったらブロック完了

f:id:NEXTAltair:20200126093008p:plain

 

同じように株式会社CTWの広告もブロックしたらとりあえずは完了

他にもドメイン取得して

f:id:NEXTAltair:20200126093407p:plain



 

それでも不安な場合は広告のビューセンターでサイトで配信された広告がサムネ一覧で見れるので逐一撃ち落としていく

f:id:NEXTAltair:20200126093757p:plain



クソ広告を出すところ

違法サイトに広告を配信しているとこ

気に入らないところはじゃんじゃんブロックに突っ込んで干上がらせていこう





 

4Kモニターを買ってしばらく経ったんで次に買うRX 5600XTを選ぶ

先に言っとくとRX 5600XTはまだご祝儀相場が高すぎて上位モデルの5700のほうが安いっていう不愉快な逆転現象がおきてる。買うなら数カ月後。 ま~、アスクはクソと

 

 

www.gdm.or.jp

 

前回 MSI Radeon RX 580 ARMOR MK II 8G OCを購入から丸一年

その間に4Kモニターを買ったりで更にハイスペックなGPUに対する欲求が膨れ上がって来ている最中に発表されたAMDの新アーキテクチャGPUのNaviシリーズ

 

これまでローエンドとハイエンドは発売されてたが、5500じゃ明らかにスペックに不足が出るしお金持ちでなしって事でミドルエンドの5600待ちではあった

さらに7nmプロセス採用でTDPは低下して省電力化したことが熱対策に敏感にならざる負えないSFFユーザーにとっては嬉しいところ。プロセスの微細化のおかげで競合になるGTX1660やRTX2060に比べて省電力

 

気になるところは明確な原因がわかっていない突然画面出力がされなくなるブラックアウト問題

5600XT発売とほぼ同時に新BIOSが出たんでその効果で治ってればいいが不安なところ

BIOSへの更新については今後買うなら大体は更新済みのはず

 

 

製品リスト

https://www.techpowerup.com/gpu-specs/radeon-rx-5600-xt.c3474

 

スペックで比較するとOCモデルの盛り方で強いのがASUS StrixとPawerColor Red Devill、Sapphire PULSEがトップになるが実際ベンチマークだとどうくるか

 

 

レビュー記事

Sapphire PULSE Radeon RX 5600 XT 6GB

4Gamer

マイナビ

ASCii

TECHPOWERUP

 

ROG-STRIX-RX5600XT-O6G-GAMING TOP

PCWatch

TECHPOWERUP

  メモリーの速度が14GbpsのTOPと12GbpsのOCの2モデルが有ることに注意

 

MSI Radeon RX 5600 XT Gaming X & Gaming Z

TECHPOWERUP

  ゲーミングZがメモリー14Gbps、ゲーミングXが12Gbps

 

 

以上4モデルのOCモデル

スコアとしてはサファイアがトップで、3連ファンでガンガン空気を吹き込むASUSが一番冷えている

RTX2060には一歩及ばないが省電力なんでイーブンってところか

 

 

 

今の所候補は一番安価でベンチ結果の良さげなSapphire PULSEかな

HDMIポートの多いやつがあればそれにするんだが今の所そういった製品のラインナップはない

見た目はPC Red Devilが好みだが、そもそも中が見えるPCケースじゃない

 

 

それにしてもアスク税の額がやばいよ

何だよアメリカの価格より1万上乗せで5700より高いって

 

NewEggのラインナップ見てみろほら

https://www.newegg.com/global/jp-en/p/pl?d=5600

31,620~42,008円

 

日本の予想小売価格

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1230766.html

34,980~44,000円

なんだコレは なんだコレ!!!

 

Amazon.comでも売価の高いASUS Strixは価格差が2,000円とあまりないのでそれは赦す

安い玄人志向RadeonはPowerColorのOMEなのでRed Dragon同等だと思われる

 価格差が+3,000と送料考えれば相当頑張ってる。さすがCFDだと褒められる

 

 

 

第二世代Nature Remoを買ったんでレビューとSiriからのボイスコマンドで制御してみる

 

結論からいうと、ネットワークエラーや登録がスムーズにいかないリモコンとか問題は多いが調子がいいときは便利

あくまで調子がいいとき限定なんで普通のリモコンを片付けるというレベルではない

 

 

起きたとき、帰宅したときにリモコン探すの面倒だし

割としょっちゅうどこかへ行くし

ということでスマートな生活を模索しながら第二世代Nature Remoを買った

 

RATOC RS-WFIREX4」、「リンクジャパン eRemote RJ-3」が対抗機種になるが、Nature Remo「人感、温度、湿度、光量」と内蔵されているセンサー類が多い

外出時の消し忘れなんかも多いんで人感センサーで感知しなくなったら電気を消すってのは便利そうかもとおもってNature Remoにした

Nature スマートリモコン Nature Remo Remo-1W2(2nd Generation)
Nature スマートリモコン Nature Remo Remo-1W2(2nd Generation)
  • 出版社/メーカー: Nature 株式会社
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

だが、人感センサーはだめだ

動いてないと反応しない、感知のタイミングが30分おきだった

座ってテレビを見てるときとかに電気が切れるんじゃ使い物にならないし、消し忘れを消すなら10分刻みに設定させて欲しい

これなら値段の安いRATOCやリンクジャパンで足りた

 

Paypayモールで送料税込¥10,621それにがPaypay支払いで10%ポイント還元

 

 

 

大きさは手のひらサイズで軽くどこでも置けそう

2020/01/27  壁面に貼り付けるための両面テープが同梱されてるがスポンジでできているので剥がしたときに跡にべったり残って剥がしづらい

 強力だが剥がした跡が残らないテープを使うのをすすめる

強力すぎて木材の表面コーティングを引き剥がす事もあるが

 

 

 

使用環境

TV 東芝 32ZP2

エアコン ダイキン D25NTES-W

ライト コイズミ

KVM TESmart HKS0401A1U

他にもオーディオや空気清浄機があるがリモコンは遠の昔に失くして出てこない

 

使い方についてはチュートリアルが画像、動画付きで丁寧に書かれてるのでここでは書かない

 

 

セットアップ時に後々にも何度も出てくる「ネットワークエラー」でこける

わざわざルーターの真ん前まで行ってセットアップすれば通った

 

 


照明が登録ができない、なんかやりようはないかとボタンを色々押してみたら登録はできた、できたが消灯ボタン以外使えない

仕方ないのでボタンを追加で個別に消灯ボタン以外を登録していく羽目になったこれはだるいんでサポートにメールは送った

一発で登録できない機器でもメールで要望出しとけばそのうちサーバーに登録されるだろう

 

TESmartのKVMは当然登録がないんで一つづつボタンを登録してやる

KVMに接続されてるPCは3台なんで4ポートだから一つポートが余る。このポートへ切り替えれば信号を見失ったモニターの電源は自動で切れる

ポート2が空で、ポート3はメインで使うPC

 

ここまでやればアプリから操作はできるが、それではスマートじゃない。スマートリモコンを買った意味がない

 

 

シーン

複数のコマンドを実行できる

登録したシーンはiPhoneのショートカットから読み出し出来る

全部オン「エアコン、TV、照明、KVMポート3」

全部オン「エアコン、TV、照明、KMVポート2」

 

ルール

Remoアプリから設定

トリガー条件を指定してコントロール

  • 部屋の湿度が下がり過ぎたらエアコンを切る。
  • 湿度が上がり過ぎたらエアコンを入れる
  • 家の周囲100mから離れると「全部オフ」

 
人感センサーが感知しなくなったら全部オフもやりたかったがだめだった

突然電源が切れるし、感知も30分きざみなんで節電効果も期待できf:id:NEXTAltair:20200109123125p:plain

人感センサーが反応したときって条件が無いのが残念でならない

 

 

iOS ショートカット

これでSiri経由で色々できる

Remoアプリのルール以上に細かな設定ができる、使い方次第では色々できそう

今の所ちょっとすごい複雑な制御は思いつかない

f:id:NEXTAltair:20200109123431p:plain
f:id:NEXTAltair:20200109123415p:plain

寝る「全部オフ+iPhoneをスリープモードへ」

WAKE UP「全部オン+iPhoneのスリープモードを解除」

PC画面をTVに出力「HDMI入力2に切替」

 入力切替はボタン一つでは無理なのでRemoアプリからチャンネル1番と入力切替の ボタン追加してから、チャンネルの1ボタンを押した後入力切替を2回押すという処理にした

他にはテレビで電源ボタンを送信とか単純なものを登録してある

 

 

良かったこと

  1. 寝るとWAKE UPコマンドのおかげで一つ一つ操作が要らなくなった
  2. 大体の操作がスマホで完結する

 

なんとかしてほしいとこ

  1. ルールの条件をより複雑に。論理演算一通りをトリガー条件にさせてくれとまでは言わないがAND条件ぐらいはつけといて欲しい
  2. 人感センサーの改善。時間や感知能力だけじゃなくルールに人感センサーが感知したときのルールが欲しい
  3. Nature Remo用リピーターがほしい。 一つで複数を制御する関係で赤外線信号が伝わらない事があるんでリピーターで中継させたいし、デザインは統一點せときたい
  4. iPhoneのショートカットからルールの呼び出しがほしい。
Nature スマートリモコン Nature Remo Remo-1W2(2nd Generation)
Nature スマートリモコン Nature Remo Remo-1W2(2nd Generation)
  • 出版社/メーカー: Nature 株式会社
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

楽天でんきのキャンペーンでGoogle nest hubを貰ったがいいが設定ができない

楽天でんきが個人情報と引き換えにGoogle nest hubと楽天ポイントを貰えるキャンペーンをやってたんで喜び勇んで応募したんだが、Google nest hubが初期不良の可能性

f:id:NEXTAltair:20191218204413p:plain

 

 

12/17に予定から遅れて賞品が到着した

 

うひょ~って即設定を開始したら

iOSの「Google Home」からの設定中に画面がついたり消えたりして点滅を5秒単位ぐらいで再起動らしきものを繰り返す症状が現れた

 

View post on imgur.com

imgur.com

ボリュームボタン長押しから初期化して設定をし直そうとしても「このデバイスをか 」とか言い切れないまま画面が消えて初期化も不可能

 

これは手に負えんと楽天でんきのキャンペーン事務局「energy-campaign-ss@mail.rakuten.com」メールを送ったら「グーグルサポートに電話して初期不良って言われたら交換するわ」ってなことになった

 

グーグルのサポートを見たら初期不良系は電話対応らしかったので電話

サポセンの回答としては「楽天でんきのキャンペーンで配られたGoogle nest hubで同じような症状がでてるから技術部門に連絡して数日後に回答するよ」とのこと

 

はぁ!? ですわ

楽天はいったいGoogle nest hubに何をやったのか

もともと12/5に賞品が到着してOK Googleでポイントが貰えるキャンペーン開始が12/7に開始だったのが予定が半月ずれて12/17に到着して12/21開始になったのはこの初期不良と無関係とは思えない

 

Nest Hubの中身は知らないが、楽天が突っ込んだと思われる電気使用量をモニタリングするアプリが悪さをしてる可能性があるな

 

 

 

2019/12/25

数日という話だったが一週間を経てやっと返信が来た

 

遅すぎ、この間は楽天のポイントが貰えない

さらに動画をアメリカの技術部門に送って検討だってよ

 

さらに一週間どころか年末年始の休日があるので次の返信まで3週間はかかるな

FUCK!!!

 

2019/12/27

ごめん上記は訂正

思ったよりGoogleのサポート対応早かったわ

シリアルナンバーが分かる写真と住所を送ってくれとメールが来た

これで変わりの品を送ってくれるんだろうか

 

2019/12/28

「技術部門から交換の許可が出たので」住所とか登録してくれというメール

 

2019/12/29

RMA番号が発行されて送り先の住所を教えてくれた

 

ここまで長いわ、Aliexpressのほうが連絡即返金で対応早いよ

 

モバイルWifi 通信容量無制限のSAKURA WIFIと通信容量900GBのiVideo iV501の比較

台湾のとき以来のインターネット環境ネタ

 

なんで借りたのかというとうちの回線がゴールデンタイムやばいので冗長性確保のために無制限のWifiルーターがあれば便利かなと思った

 

無制限と言っても裁判が起こったUQWiMAXのように実際は通信制限あるケースもメゼらしくはないのが通信業界のやばいところ

 

なので、実際に試して人柱になってみるしかないというのがホントのところ

Twitterや5ちゃんねる*1、ブログ等々情報はどこかにゃ転がってるがステマやなんかが跳梁跋扈する世界なので信頼が置けるかは未知数

俺の記事だって「俺がステマじゃないよ」って言うことは簡単だが信じて貰う方法はない

 

それに俺の家は電波の入りが悪かったりするんで契約して使えませんでしたとなると悲惨

昔、Plalaが1Mbpsのデータ回線をやってたんだが、それを契約して悲惨な目にあったんで慎重になる

 

選定条件

試すにあたってお試しプランで借りられるか、年の契約縛りがないことが前提

 

候補1

どんなときもWifi

月額3,280円+税

名前はよく聞くところ。30日お試しプランはレンタルしたルーターの送料と事務手数料3,000円で試せる

契約となると2年縛りで解約金9,500円が発生

却下

 

候補2

Mugen WiFi

月額3,280円+税

30日おためし全額返金保証は送料+返却処理手数料1,000円

2年縛りあり9,000 ~ 5,000円

お試しは安くて良さそうと思いきや

⑤50GBを超える通常レベルを超えた大容量をご利用頂く場合、9,000円の解約費用がかかります。

①箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円(税抜)が発生します。

 50GBで解約費用がかかるんで、負荷をかけてどの程度の通信量で実際規制されるか調べられない

箱の破損で追加費用が発生する。箱の破損なんて輸送中角が潰れるなんてしょっちゅうあるしなんぼでもいちゃもんつけられる

却下

 

候補3

NOZOMI WiFi

月額4,480+税

お試しプランは存在しないが、縛り無しで解約可能

※無制限プランは容量無制限で使用可能となります。0時-24時のご利用が10GBを超えると低速モード(128bps)に切り替わります。低速モードになった場合翌日朝9時に制限は解除されます

 無制限と言いながら制限がある

却下

 

候補4

SAKURA WiFi

月額3,680+税

安心全額返金保証で返却処理手数料1,000+税+送料で30日間試せる

注意 クーポンを使わないと保証の対象にならない。クーポンコードは「よくある質問」にある

速度規制については明言されていないが100Gで制限がかかるとの噂

結論から言いうと100Gを超えて345Gで規制がかかった

採用

 

候補5

iVideo

月額3,600+税

レンタルルーター

無制限をうたわないが通信容量900BGと実質無制限といえる容量、これだけあればゲームのダウンロードおそるるに足りない。4K動画垂れ流しは無理だろうけど

採用

 

 

ルーターと付属品

クッション封筒にむき出しでルーターFS030W」とUSBケーブルの入っていたSAKURA WiFi

f:id:NEXTAltair:20191213225156p:plain

 無駄を省いてエコだとも言える

解約時は返却用レターパックは付属してないんで自腹

 

どっかのOME生産だろう自社製ルーター「iV501」

返却用レターパックと簡易な説明書、ACアダプター、USBケーブル、ポーチ中身は豪華

f:id:NEXTAltair:20191213231743p:plain

レンタル業務を前々からやっている業者なんでこっちのほうが気が利いてる

 

ルーターの違い

液晶のついてるFS030Wの方が圧倒的に使いやすい

逆にiVideoの型番不明機は接続して設定画面から中を覗かないと通信量も見えず、UIの言語も英語で使いにくい

 

両方とも設定画面の入り方はデフォルトゲートウェイIPアドレスを入力したあと表示されるページで「admin」と入力

 

FS030Wのほうが電池持ちが圧倒的にいい

iVideoはUSB接続した状態でSteamのダウンロードを続けると途中でバッテリーが尽きて電源がOFFになったがFS030Wはそういう事は起こらなかった

3060mAhと2700mAhのバッテリー容量か、WiFi電波の出力の初期値の違いか

 

ルーターの使いやすさは断然SAKURA WiFi

 

 

速度

両方ともSoftBank回線で大差ないかと思いきやそうでもなかった

iVdeoはなぜか規制もかかってないのに通信速度が1Mbps以下に落ち込む頻度が高かった

 

使った測定サイトはRadishとOOKLA

測定結果の傾向としてはOOKLAが若干高めに出る*2

 

速度比較を表に出そうと思ったが測定回数も時間もバラバラだったので面倒になった

f:id:NEXTAltair:20191214000230p:plain
f:id:NEXTAltair:20191214000259p:plain

 一番いい実測値が出た回

時間は12/2 正午頃のSAKURA WiFi

その10分前のiVideoはOOKLAで2.83Mbpsほどかなり差が出てた

 

f:id:NEXTAltair:20191214001632p:plain
f:id:NEXTAltair:20191214001640p:plain

iVideoの最高実測値

12/13 PM01:30

SAKURAは規制がすでにかかってたんで比較は不能

 

f:id:NEXTAltair:20191214002152p:plain

全測定結果で最低を叩き出したiVideo

12/2 PM05:00

比較できる結果は保存してなかった

 

f:id:NEXTAltair:20191214005545p:plain
f:id:NEXTAltair:20191214005010p:plain

Steam,GOG,UPlay,One Drive,Drop Bos,Google Driveなどで徹底的に使い倒した後の速度

12/10 AM09:10

噂では100GBまでという話だったが345GBという大健闘を見せた

ここまで来るとラディッシュでは測定不能

 

 

何が差になっているのかわからないがSAKURA WiFiが安定して通信できた

iVideoは規制がかかってるわけでもないのに突如として回線速度が低下することがあってそれが結構なストレスになった

 

 

 

おわり

2019/12/29 更新

SAKURA WiFiとiVideo2つを比べると一長一短だが俺はiVideoを選ぶ

 

SAKURAのほうがルーターの性能はいいし通信も安定してるけど速度制限があっさりかかるのが駄目。無制限と言わずに300GBで売り出せば疑問も抱かなかったんだが

 

とはいえ、iVideoは最大の900GBを使い切ってないんで不確定な部分はある

通信事業者だしれっと900GBに到達する前に何故か遅くなる頻度があがるとか十分にありえる

2019/12/29 現在 すごく遅くなって使い物にならなくなっているiVideo年末で帰省してきた人らがうち近辺に増えてトラフィックを圧迫している可能性もあるが、これは安定しなさすぎる

*1:もと2ちゃんねる

*2:一番ポピュラーなOOKLAの速度テストでいい結果が出るように調整してるって噂が

ゲーミングチェアがほしいという話

ゲーミングチェアに限定しなくとも条件に合う長時間座ってられるイスならば何でもいいが、1日の1/3寝てるとき以外座ってる場所なんでなかなか難儀だよ

 

条件

肘掛け

高さ以外にも調整できる範囲が広いほうがありがたい

クッションがないほうがいい。夏場とか素肌があたって汗を吸った結果中のウレタンがボロボロになる表面フェイクレザーなら大丈夫だろうけど

 

ランバーサポート

腰を支えるクッション

肘掛けもそうだが体重を支えられる部分が多いほうがケツ、腰が痛くなりにくそう

 

ロッキング

キーボードマウスを使わないときふんぞり返ってモニターを見つめてる時間も長い

 

オットマン

足置き

あぐらをかいて机に向かってることがおおい。これがゲーミングチェア選ぶうえで障害になる

ゲーミングチェアはバケットシート腰部と太ももを包み込むように座面左右のへりが立ち上がってることが多くこれが引っかかるとあぐらがかけない

そこで、オットマンを使うことで実質的に座面を延長しようという腹

 

そもそもゲームやる時に横Gかからないから太ももの両脇支える必要ある?

 

商品名がわかる

これ結構重要

ブランドと商品名や型番がわからないと値段や口コミの比較ができない

ノンブランドの格安もあるが劣化が早いと逆にもったいない。

 

 

 商品

エルゴヒューマンPro オットマン

早速ゲーミングチェアじゃないが、メッシュ素材でケツが蒸れそうじゃないし デザインとしてはこっちのほうが好み

肘掛けだけじゃなく背もたれの高さから細かく調整できるという良さ

だがたけぇ

これは会社の経費で買うやつ

 

f:id:NEXTAltair:20191130031711p:plain



 

ゲーミングチェア [プロシリーズ] RS-950RR | Bauhütte®

昔はオフィス家具なんかもやってたが、ほとんどゲーミング〇〇メーカーに気づいたらなってたBauhutte。ドイツっぽい名前に似合わず日本の会社

オットマンは付属していないが別売りで出てる

座面下に格納タイプじゃないんでスペースがないのと、前ここのイスを使ってたがすぐぼろぼろになった記憶がある

f:id:NEXTAltair:20191130031755p:plain

 

dowinx   Ergonomic Gaming Chair

公式サイトは英語しかないがAmazon.co.jpでdowinxJPが売ってる安めのやつ

リクライニングに肘掛けが連動するため調整不可のやつもある

画像のはクッション辺りがUSB給電でブルブル震えてマサージしてくれるってよ。いらねえ

 

f:id:NEXTAltair:20191130035003p:plain



 

 

GTRACING ゲーミングチェア オットマン GT901-BLACK

 安めで良さそうが安すぎても不安になる

肘掛けの調整が高さだけなのが残念

f:id:NEXTAltair:20191130031823p:plain

 

 

E-WINゲーミングチェア / E-WIN 2019シリーズ ゲーミングチェア ゲームチェア D9-BK (黒)

E-WINゲーミングチェア / E-WIN 2019シリーズ ゲーミングチェア ゲームチェア F9-BK(黒)

今のところ一番良さそう

別売りだが内蔵式オットマン、肘掛けの調整

少々高め条件に出したスペックを一番満たしている

あと前傾機能がついている売りらしい、いらないが

 

2019/12/01 まで楽天でポイント5倍。 Amazon.co.jpで3000OFFクーポン

 

f:id:NEXTAltair:20191130031905p:plain
f:id:NEXTAltair:20191130031927p:plain

 

 

GG WORX ゲーミングチェア HYPE

E-WIN D9-BKと比べて6千円ほど安いうえにオットマン標準装備で肘掛けの調整も前後左右高さといけるコスパは良さそう

耐久性は使わないとわからない

E-WINと比べて座面の面積が狭い



素材について

大体はPUレザーってポリウレタンのフェイクレザーになってるがコレがまあ曲者っぽい

合成皮革の耐久性は? - 教えて! 住まいの先生 - Yahoo!不動産

PUレザーは水が染み込まず掃除がしやすいが加水分解を起こしてボロボロになるらしい手ので水に強いとは言えない

通気性も悪い

 

上で紹介した商品のなかではE-WINがポリエステル素材ってのを採用してるがこちらは通気性に優れているが汚れには弱いよわい

 

どちらも一長一短だが今使ってる椅子がポリエステル素材で5年以上保ってることを考えるとポリエステル素材のほうが良さそうか

 

 

終わり

ほしいのはE-WINなんだが、試しに買ってみようと思える値段はGG WORX

 GG WORXは口コミ数少ないのが気になる

 

 

 

 

 

 

 

Ryzen5 2600+ROG Strix X570-I GamingでXPG GAMMIX D10 2666をオーバークロック

前の記事ASUSのマザーについていた自動OC機能とDual lmtellogent Processors 5の事をか書こうとしていたが、自動でOCできるのはCPUクロックと電圧なのでメモリーの方は手動になるんで先にメモリーのセッティングをやっておいたほうが良さそうと判断した

 

 

 

 

 

使用したソフトウェア

Thaiphoon Burner

モリーに記録されている情報を表示させる*1

 

Ryzen Timing Checker

モリーが今動いている設定を表示させる

 

DRAM Calculator for Ryzen

モリー電卓とかとかよぶソフト

現在の環境を入力すると複雑なOC設定の数値をだいたいで当たりをつけてくれる

他にTestMEM5というメモリーベンチソフトが内蔵されているのでエラーテストとベンチマークも可能

 

AIDA64 Extreme

PCの情報とベンチマークソフト

シェアウェアだが機能制限版は無料で使用できる

 

 

 

 

環境とメモリー情報

  値段 購入店舗 購入
Ryzen5 2600 ¥15,000 パソコン工房 セット割 2019/06/08
Lepa Aquachanger 240 ¥9,720 パソコン工房楽天 2018/06/25
XG GAMMIX D10 AX4U2666G16-DBG ¥4,447 NTT-X 2019/07/06
MSI RX 580 ARMOR MK2 8G OC ¥23,810 ジョーシンWeb  
ASU ROG Strix X570-I Gaming ¥34,691 NewEgg 2019/10/14
PLEXTOR PX-256MPeGN ¥4,980 NTT-X 2018/09/22
SP256GBP34A80M28 ¥4,290 dショッピング(ジョーシン) 2019/04/30
WD40EZRZ-RT2 ¥8,980 NTT-X  
Ncase M1 v6 ¥24,185 SFFLAB 2019/09/28
SST-SX600-G ¥10,980 PC1,s 2017/05/03
ET322QK ¥42,800 Amazon.co.jp 2019/04/09
  ¥183,883    

全体の構成

パーツ換装を繰り返しながら徐々に全体のスペックと購入金額合計が引き上がってくるいつもの奴

 

f:id:NEXTAltair:20190709001759p:plain

 

使用するメモリーはXPG GAMMIX D10 AX4U266638G16-DBG

DDR4-2666 8GBx2 CL16-18-18 Black

 

19年夏NTT-Xのセールに買った約7,000円

特に選別品というわけでもなさそうなネイティブ2666

 

 

f:id:NEXTAltair:20191101041904p:plain
f:id:NEXTAltair:20191101041924p:plain



デフォルトで2666 20-19-19-43-621

XMPを読み込むと266 16-18-18-38-56

 

DRAM Calculatorで必要な情報であるMemory Type*2は普通公表されていないどころか同一製品でも別のものが使われてる事もある

それを読み込むためにThaiphoon Burnerでメモリー情報を表示させる

 

必要

「PART NUMBER」 DRAMチップのパーツ番号

「Die Density / Count」使用しているメモリータイプ

「Ranks」 これははCPU-ZSPDに表示されている。メモリーチップの数とかそんなやつとざっくり理解してる

 

f:id:NEXTAltair:20191031162407p:plain

 

早速コケたパーツ番号が「MT40A1G8??-075:?」、ダイの種類も「8 Gb / 1 die」正常に表示されていない

ぐぐってみるとMicron製品なのはわかったので製品検索から確実にわかっている「MT40A1G8」を検索すると検索結果は21と多いので最高クロック周波数「1333」で絞り込むと4製品表示される

 

MT40A1G8SA-075:E

多分これ。??の文字数に合うのはこれだけ

重要なのはダイの方だが「E」って書いてあるからEダイなんだろう

 

わざわざ調べなきゃ行かない情報はこれぐらい

 

 

DRAM Calculator for RYZEN

使い方がわからなかった調べたが詳細なとこは大体英語だったんで間違ってるかも

f:id:NEXTAltair:20191031164147p:plain

入力が必要なのは以下の6つの値を左側のプルダウンメニューに入力

Processor

  使用しているCPUのアーキテクチャ

 

Memory Type

  「Die Density / Count」

 

Memory Rank

  「Ranks」 Singlの場合は1、Dualは2

 

Frequency

  目標にする周波数。今回はZen+の対応クロック最大の2933に合わせる

 

DIMM Modules

  刺してあるメモリーの枚数

 

Matherboard

  使用しているマザーのチップセットの種類

 

入力が完了したら紫の背景の「R-XPM」をクリックするとtCL(CAS) ns以下の値が自動で入力される

次に選択するのは常用なら「Safe」でいい右に行くほど高いクロックを目指せるが負荷は高くなる

 

それをクリックすると表示される値を参考にマザーボードの設定をいじっていく

 

多すぎて嫌になりそうな頃合いだろうけど

徹底的にやらないなら「tCL、tRCDWR、tRCDRD、tRP、tRAS、tRC」と電圧設定の「DRAM Voltage、SOC Voltage、cLDO VDDG Voltage、cLDO VDDP Voltage」以上10個の数値で事足りる

 

数値の部分をカメラで撮ったら一度PCの電源を落とす

 

 

マザーボードの設定

今まで使ってたせっては工場出荷状態へ初期化をかけてから設定を開始

f:id:NEXTAltair:20191031175556p:plain

ASUSマザーだとD.O.C.PだがMPXと言い方が違うだけ。手動で設定するところ以外はXMPへ任せる

 

f:id:NEXTAltair:20191031175623p:plain

DRAM Timiing Controlから電圧以外の値を入力する

 

f:id:NEXTAltair:20191031175637p:plain

電卓とマザーじゃ表記が違ったり項目が前後したりしてるが似たような事が書かれて、似たような値が入力箇所の左に表示されてる現在設定されている値をみてだいたいこんなもんで入力した

 

電卓  ↔  マザー

tCL  ↔  DRAM CAS# Latency

tRCDWR ↔ Trcdwr

tRCDRD↔Trcder

tRP↔DRAM RAS# PRE Time

tRAS↔DRAM RAS# ACT Time

tRC↔Trc

 

f:id:NEXTAltair:20191031175651p:plain

f:id:NEXTAltair:20191031175706p:plain

cLDO VDDG Voltageの設定箇所は見当たらなかったし

cLDO VDDP VoltageはDRAM Timiing Controlの一番下にあった。0.7と入力しても700と自動修正されるのはここでの単位がmVであるため

 

f:id:NEXTAltair:20191031175900p:plain

 

f:id:NEXTAltair:20191031175913p:plain



動作テスト

TestMem5を走らせたらエラーを3つほど吐いた

そういうときはクロックを下げるか、tCLを上げるか電圧を上げるか対応する

細かいことは参考に上げたオーバークロック講座を見てくれ*3

 

16としていたtCLを18に変更するとテストも通った

f:id:NEXTAltair:20191101041303p:plain

17で設定できるかなと思ったが2刻みの値でしかだめなんで18に自動で修正された

 

 

f:id:NEXTAltair:20191101043048p:plain

2933 18-17-16-36-58でAIDA64とTestMem5のベンチマークに成功

 

他のベンチマーク

 さらに高い設定を追おうと思ったがどうもうまく行かない

    デフォルト   Test mem5 でError 3回 TestMem5 通らず       BIOS起動せず
CPU BIOS Ver 0404-AMD AGESA1.0.0.3 0404-AMD AGESA1.0.0.3 0404-AMD AGESA1.0.0.3 0404-AMD AGESA1.0.0.3 0404-AMD AGESA1.0.0.3 0404-AMD AGESA1.0.0.3
  Multiplier 37.75 37.75 37.75 37.75 37.75 37.75
  Bus Speed 100.00 100.00 100.00 100.00 100.00 100.00
  Core Voltage 1.2 1.2 1.2 1.2 1.2 1.2
               
    XPM 手動 手動 手動 手動 手動
DRAM Frequency 1333.00 1467.9 1467.9 1467.9 1467.9 1500
  CAS Latency 16.00 16 18 18 18 18
  tRCDWR   16 16 16 16 16
  tRCDRD 18 17 17 17 17 17
  tRP 18 16 16 16 16 16
  tRAS 38 36 36 36 36 36
  tRC 56 58 58 58 58 58
  DRAM Voltage 1.2 1.34 1.34 1.34 1.34 1.34
  SOC Voltage   1.0125 1.0125 1 0.975 0.975
  CLDO VDDP Voltage   0.7 0.7 0.7 0.7 0.7
               
Chine15 OpenGL(fps) 86.91   97.07   エラー エラー   エラー エラー  
Chine15 CPU(cb) 1166   1230      
Chine20 CPU(cb) 2666   2746 2772    
GEEKBENCH4 Single-Core Score 4343   4412      
GEEKBENCH4 Multi-Core Score 20477   21620      
GEEKBENCH4 OpenCL Score            
GEEKBENCH5 Single-Core Score 975   981      
GEEKBENCH5 Multi-Core Score 5591   5865      
GEEKBENCH5 Vulkan Score 34468   32437      
CPU-Z SingleThread 427.7   430.7      
CPU-Z MultiThread 3390.2   3454.9      

 

 

終わり

もうちょっと細かい数値の意味を知ればセッティングを詰められると思うんだが今はこれが精一杯

 

次の変更するとしたらCPUか金があればGPUかな

CPUを変えれば高クロックメモリーが欲しくなるだろうし

GPUを変えれば新しい電源が欲しくなるだろうな

 

それよりも椅子がほしいと思ってる現在

 

 

 

参考

Ryzen 7 3700X + G.Skill F4-3200C14D-16GFX でメモリの OC をする | ぶっちろぐ

同じASUSのX570マザーということで微妙に設定項目に違いがあるが大いに参考になった

AMD Ryzen Memory Tweaking & Overclocking Guide | TechPowerUp

DRAM Calculator for Ryzenを作った人によるかなり詳しいメモリーOCの解説だが英語

【メモリ屋社長のちょっとタメになるメモリ話】Ryzenで話題になった、メモリの”Rank”って何のこと? - PC Watch

 メモリーランクの話、シングルだとセッティング出やすいらしい

*1:Typhoonではない

*2:一般的にダイと言われる

*3:モリーOCの肝はそこだと思うが解説するには知識不足