4K/60fps対応KVMスイッチ Tesla smart「HKS0401A1U」を買った

nextaltair.hatenablog.com前に買ってから約5年

世の中主流はもうHDMIに変わってグラボどころかマザボにもにVGA出力ついてない昨今。結構前から新しいのにしたいと思っていたが、高い

 

 

ATEN 4ポート HDMI KVMP CS1794

ATEN 4ポート HDMI KVMP CS1794

 

 ¥35,000は出せない発売も10年前でHDMIの規格も1.3aと更新する価値はないのでモニター更新のときにKVMは諦めるかと思ってた

 

 

Tesla smart「HKS0401A1U」

そこで2chを見ていたらTesla smart「HKS0401A1U」を見つけ出した

4x1 HDMI KVMã¹ã¤ãã4K @ 60Hz


4K/60fps HDR10までの映像に対応している。そして安い

 

 

AliExpressの11月11日の独身の日セールクーポン込みで¥8,669だった

 

Amazon.co.jpでも扱っている。メーカーがマーケットプレイス業者として出品中らしく、少々高いが5フィートケーブルが必要な場合、早く届いてほしい場合はこっちがオススメ

 

うちの場合3mケーブルが必要なのでAliExで買った

 

 2018-12-03時点では¥800OFFクーポンがあるので今買うならこっちのほうが圧倒的に得

 

2018-12-04 リンクが間違ってたので修正

 

スペック

パッケージの同梱

1 * 4x1 HDMI KVMスイッチャー

1 * DC 5V電源アダプタ

1 *赤外線リモコン

1 *クイックスタートガイド(英語)

結構でかい*1

何も書かれてないシンプルな白箱にシンプルな同梱品

 

 

幅が300mmと置く場所は選ぶ

 

機能

 

前回KVMを買った時にやっぱり欲しかったと思っていた共用のUSBポートがついてくるのがありがたい

 

他にもリモコンによるPCの切替と、共用のオーディオジャックもある。使うかはわからないが

 

今週末にはUSB-Bケーブルを買ってきてちゃんと動くか試す

 

 

実際に使った

 2018-12-08 追加

エレコム USBケーブル USB2.0 A-Bタイプ フェライトコア付 3m ブラック U2C-BF30BK

Syncwire プレミアム HDMIケーブル ハイスピード 3M 【最大36か月相性保証付】hdmi2.0ケーブル イーサネット/4K Ultra HD/3D/オーディオリターン/Fire TV/Apple TVなど対応

安物のUSB2.0ケーブル(¥323)とHDMI2.0a(¥1,299)ケーブルを購入

HDMIのほうはメジャーな日本の会社の商品じゃないがやすかったのとレビューの評価がそこそこに良さそうだったので

 

環境

PC

  1. ゲーミングPC(OPHION Ryzen5 1600 Windows10)
  2. 録画機 (サイズ 静寂(SCY-DFR5-BK) Ryzen7 1700 Windows10)
  3. ファイルサーバーのなりそこ内(Z3 plus Core i3 8100T Windows10)

モニター

  1. TOSHIBA REGZA 32ZP2

入力機器

  1. DELL SK-8115*2
  2. DELL MOC5UO*3

スピーカー

  1. VH7PC*4

 

4KモニターがないどころかメインモニターのAcer G235HはHDMI入力すらついていないというあまりにもプアな環境

 

マウス・キーボードについては、切替をすばやくするためKVM側で接続されているPCに切替ごでも接続中だと認識させるエミュレーションが働くため多機能マウスやなにかは諦めたほうがいいらしい*5

 

スピーカーについては肝であるUSB接続すらしていなく、3.5mmステレオミニプラグを赤白のRCAへ変換して使ってるありさま。まだ使えるし*6

 

 

それでもFullHD環境でマウスとキーボードが使えれば安いKVMという事で一定の価値はある

 

 

使う

キーボード

基本的には普通に使えるが、たまに入力が暴走してTabキーが押しっぱなしの状態だと認識されたりもする

たまになるので原因は不明

 

ホットキー

マウス・キーボードは⑩へ接続すると使用できる

ScrollLockキーを二連打すると「ピッ」って音がしたら目的のキーを押す

 

  • ScrollLock*2 PageUp  次の番号のポートに切替
  • ScrollLock*2 PageDown   前の番号のポートに切替
  • ScrollLock*2 1~4の数字 選んだ番号のポートに切替
  • ScrollLock*2 F11  ホットキー「ピッ」音をオフに
  • ScrollLock*2 Space デフォルトで6秒ごとにポートを自動切り替え
  • ScrollLock*2 +/-    自動切り替えの時間を変更。1回押すごとに1秒の増減
  • ScrollLock*2 F12  ファストスイッチングモードオフ

 

ここに出てきたファストスイッチングモードとは上に書いてあるマウス等のエミュレーション機能の事だと思われる

つまりこれをオフにすれば他ポートへの切替は遅くなるが、多機能マウス等を使える様になるってことかもしれない

 

ファストスイッチングモードのオンオフでの切替速度の違いがわからない、今どっちのモードで使ってるのかもわからない

 

 2019-04-10訂正 ファストスイッチングモードはマウス感度の調整

一番左のLEDみたいにも見えるボタンをペン先で押すと、その右のLEDが光って切り替わったことを教えてくれる。その右がマウス感度調整が有効になっているのを知らせるLED

 

マウス感度は500ms,750ms,1000ms,1250ms,1500msの間で調整可能

 

 

 

うちの環境の場合ホットキー周りは何の問題もなく機能中

 

 

 

 

ステレオ

ミニプラグからRCAへ変換してVH7PCに接続

問題なく使えている

 

しかし、仕様どおりなんだろうがこれで接続したオーディオ機器はHDMIで接続されているとPCには認識され、VH7PCとZP2の両方から音声は出力される

 

TVの方を消音にしていないとうるさい

スピーカーを内蔵していないモニタの場合都合がいいか

 

 

共用USB

 背面にあるので少々抜き差しがしにくいためUSBHab(BSH4U06)を接続した状態でテスト

 

USBヘッドセット(GP SADES SA903 GAMING HEADSET)

Amazonのセールで¥1,744で買ったUSB接続のヘッドセット

7.1ch対応らしいが、それはよくわからない立体的には聞こえる

頻繁にPC1と2への抜き差しを良くするのでこれは便利だと感動

 

USBメモリー(MF-TKU2A32GBK)

PC1から2へ挿しっぱなしで画像ファイルの移動ができた

 

Bluetoothアダプタ(BSBT4D100BK)

PC1と2の両方で認識してXBOXONEコントローラーとのペアリングまではできた

プレイに支障はないかは確かめてない

 

他に共用で使いそうなものがないのでポートは1つ余ってるが試したものはこれまで

 

 

リモコン

他の製品と共用のためいろいろボタンは付いているが、機能するのはポート番号を指定する4つだけ。他は押しても何が起きるわけでもない

コストカットのため使用するRC2025のボタン電池はついてない

 ホットキーがあるので使用頻度は低い

 

結論

HDMI2.0以上対応+値段が安いっとことで現状はこれ一択だったが、十分に使いえるレベルのものだったので満足

 

 

*1:カードはサイズ比較用

*2:DELLのやつの余りキーボード

*3:DELLのやつの余りマウス

*4:知る人ぞ知る20年落ち

*5:持ってないので検証もできない

*6:Win10対応ドライバやユーティリティ関係をまた手に入れるのも面倒だし