読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5Mぐらい出せ

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:NTT フレッツADSLモア(12Mbps)
線路距離長:1330m 伝送損失:26dB
測定地:岡山県
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度:1.113Mbps (139.2kByte/sec) 測定品質:86.5
上り回線
 速度:847.9kbps (106.0kByte/sec) 測定品質:99.7
測定者ホスト:******************.**********
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2015/3/28(Sat) 1:01
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

うちのADSL回線は非常に遅い。ゲームの大型パッチも最悪1日ほどかかる始末。アサシンクリードユニティとかほんとひどかった。

さすがに我慢なら無くなってボトルネックの洗い出しを行うことにした。

 

NTTに電話

  コールセンター側でモデム、収容局間の速度は8~9Mbpsだと伝えられる。

  予備回線への切替も行うが効果はない。

 

モデムに直結させて速度を測定する

  実測値の値は変わらず。 モデムの設定画面を表示させ回線状態(リンク速度)を見ると8Mbpsほどの悪くない値が帰ってくる。

  モデム以降の回線およびルーターのはボトルネックじゃない。

 

プロバイダーに電話

  MTU値の確認、IPV6のOFFなどを指示されるが効果はない。

  プロバイダー側の混雑も通信規制等はない都の回答。

 

プロバイダーを変えてみる

  効果なし プロバイダーの可能性は低くなった

 

NTTの修理担当を家に呼び、保安器、モジュラージャック、スプリッタ、モデムを変更

  効果なし ハードウェアの問題はなし。

 

プロバイダーを介さないNTT西日本-フレッツ速度を使用する

  やはり遅い プロバイダーの可能性は限りなくゼロ

  この結果をNTTの修理担当に伝えると「光ファイバー用の測定サイトだから正しい値で出ないんですよ」という謎の言葉をいただく

接続するPCの変更

 修理担当の人のPC含め3台で試すが結果は同じ。

 

NTTのサポセンに3回、ISPに2回の電話とNTTの修理担当訪問2回でなんの成果も挙げられない。回線とプロバイダー間での責任の押し付け合い。

ベストを尽くさないのにベストエフォートを名乗るなと言いたい。

 

「不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる」

持ってきたモデムさえも故障している可能性

回線状態が全く信用出来ない値の可能性

 

 

QE-TM101-K買ったよ

貧弱なMicroUSBがバカになったのでQE-TM101-K買った。

 

「Qi(チー)」っていう普通に読めないセンスの欠片もないネーミングと充電の遅さは置いておいても頻繁に抜き差ししてコネクターをバカにするよりはるかに使い勝手がいい。それに充電開始前のコイルが動くメカニカルな音がいい

 

NEXUS7買ったときについでに買っておきゃよかったな

http://instagram.com/p/pSxpcaNM8V/

Instagram

値段は¥3800と通販での最安値よりチョット高めだったが

くそが!

TAICHI21-3537をWindows8.1にバージョンアップしたらタッチパネル側のディスプレイが映らなくなった。

 

ASUSに電話して聞くと8.1はサポートしてないんで8に戻して使って。今後対応するつもりもないよ。

だとよ。( ゚Д゚)ハァ?

 

とりあえずPC設定からリフレッシュかけて8に戻して何とか復活

公式対応マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

自作PCの改装(購入編)

5年以上前から使ってたAthlon 4850eの自作機のマーザーが多分壊れたんで新しいCPU、マザーボード、メモリーを買いにPCデポまで出てきた。

  • 【CPU】Athlon X2 4850e → Cerelon G1820
  • 【マザー】A7DA-S → GA-B85M-DS3H
  • 【メモリ】JM4GDDR2-8K → W3U1333Q-2G

値段

CPU ¥5970

マザー¥6970

メモリ¥5030

セットで割引されて合計¥17970 と価格.comの最安+1830で送料とか考えたら同じぐらいわりといい買い物ができた。

前のやつは合計で23440円ほどで単価はだいぶ下がった。

性能の変化はカタログ上たいしてない

クロック周波数 2.5GHz → 2.7GHz

  TDP    45W → 53W

前のやつ

f:id:NEXTAltair:20140312084129j:plain

今のやつ

f:id:NEXTAltair:20140312084218j:plain

地味に上がってた。

 

 

KVM(パソコン切替器)が安定して使えるようになった

KVM(パソコン切替器)買った

で前から持ってたキーボードとマウス(ロジクール Wireless Combo MK260)の相性問題でサポセンから「新しいキーボード用意してください」と雑なサポートを受けたんでちょっと腹立ってエレコムのキーボード買った。

  1. デスクトップ(BOT録画用|7)

  2. デスクトップ(自作ファイルサーバー|7)
  3. ノートPC(ASUA TAICHI21|8)
  4. マウス(マイクロソフト Wireless Mouse 2000)

  5. キーボード(エレコム TK-FDM057TBK)
  6. モニター(acer FULLHD)

2のデスクトップに切り替えたときは5秒ぐらいマウスが反応しないがまぁ許す。

でも、使ってみて思ったがUSB機器共有用のUSBポートがあたほうが良かったかな

KVM(パソコン切替器)買った

狭い部屋にディスクトップ3台とノートが1台、モニター2枚の環境を何とかスマートに使いたくてサンワサプライのSW-KVM4LUを買った。

f:id:NEXTAltair:20140215025223j:plain

欲しいのは

  • 4台切り替え
  • VGA接続
  • スピーカーは要らん

そんなやつは山ほどあるが岡山の地方経済に貢献のためにとりあえずサンワ

定価は2万ぐらいだが7千ぐらいだった。定価もう意味ないな

うちの環境

  1. ディスクトップ(BOT録画用|7)
  2. ディスクトップ(自作ファイルサーバー|7)
  3. ディスクトップ(モニターを外したDELLM1210|XP)
  4. ノート(ASUA TAICHI21|8)
  5. キーボード+マウス(ロジクール Wireless Combo MK260)

  6. マウス(マイクロソフト Wireless Mouse 2000)

  7. モニター(acer FULLHD)
  8. モニター(NEC クソ古いやつ)

f:id:NEXTAltair:20140215040200j:plain

2,4を7に5(キーボード側USB端子),6(マウス側USB端子)につないでみたがとりあえずつないでみたがのっけから不良くさいぞ。

4は5も6もしっかり認識して動くが、2は6は動くが5が動かない。

マニュアルによるとマウスとキーボードでレシーバーが一つの場合はキーボードとしてしか使えないと書いてあるが、キーボードだけさえも使えん。

逆に4は5のキーボードとマウスは両方使える。

 

週明けは問い合わせかな

 2月21日に問い合わせる。

サポセンの人曰く

4でキーボードとマウスが使える挙動がおかしいんであって1,2で使えるのが仕様的に正しいらしい

でも取説の後ろのトラブルシューティングには

Q1)ワイヤレスキーボード・マウスのセットでまうすだけ作動しない

A1)レシーバー1つでキーボード・マウスを操作するタイプはワイヤレスキーボードしかどう動作しません。

切替操作などキーボードが必須なので切替器のキーボードコンソールポートにレシーバーを装着する必要があります。その場合マウス信号はにんしきされないため動作しません。

とある。

サポセンの知識不足か説明書が嘘なのかはしらんが、キーボードが使えない事の対処法は別のキーボードを手に入れて試してくださいとのこと。

CSI:希望ヶ峰 疾走する青春の絶望ジャンクフード-モルグに別れを #05

 

 まず観察しろ

結論を出すのはそれからでいい

 いえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええい

  ∧_∧ 
  (`●ω●)<うどんでむなげー 
  (っ=川o 
 ̄ ̄`ー―′ ̄\

 

f:id:NEXTAltair:20131014020127p:plain

検視。

 腹部の刺創は背中まで達している

後頭部に鉄パイプのようなもので殴られた打撲痕

体に以前から有った無数の傷

死因

一番怪しい刺創から見ていこう。

分かりやすそうなのが傷口のし開(しかい)*1つまり傷の開きを見る。生きてる時に刺された傷は断裂した筋肉に引っ張られて傷口が開く。逆に死後の傷は筋肉が弛緩しているため傷口は開かない。

刺創には生活反応なしということで、ナイフによる刺創は死後のものと断定。

打撲痕

外から見た限りじゃ頭蓋骨が粉々に吹き飛んでるわけじゃ無いし開いてみれば損傷の度合いを確認できそうだが、出来ない。

 無数の傷

焼けた皮膚をまさぐって傷口を探るわけだが、早いこと消火されたのが救いだな。

凶器の推定をできればいいが、目視確認と傷口に棒を突っ込んで創洞長*2を確認してわかるのは傷の数と深さぐらいか。

それでも変わった傷だからほぼ答えみたいなもん。

死亡時刻

今回は死亡時刻が完全に不明、タイムラインからの推測では午後10~午前9時と大夫開きがある。

今までは体温計が無かったり、発見時刻と死亡時刻の開きが無かったりで使えなかった、王道の深部体温による死亡時刻推定がやっと使える。 

直腸温降下(rectal temperature)

 死体温は通常直腸内温度で表現する。室温であれば1時間に0.5~1℃前後低下する。 一般に死亡直後は緩徐に低下し,その後低下の速度が上がり,さらに外気温に近づくと再び緩徐になる。すなわち死後経過時間を横軸,直腸温を縦軸にとってグラフを描くと,逆S字(reverse sigmoid curve)を描く。死亡時刻の推定のためには2回以上(同じ温度計で)測定すべきである。

 仮に基礎体温が36.5℃で10時に死亡した場合だと25.5~30.5℃、死にたてホカホカなら36.5℃

かなり開きがあるけどこれからずれ込むとなんかおかしいって事になる。

死後硬直はもう解けてダランとしてるし、冷凍保存じゃない場合はもう腐敗し始めてる。

 

結論

20日ぐらい前の死体を引っ張りだして最近死んだように見せかけた。

そんな事ができる奴は一人しか居ない。

 

あとがき

前々回と同じで知識のある人間に調べさせないってのは基本だな。

全員人に死に慣れて死を学んでたらこんなチープな偽装も無意味になっていたろうに。

 

 

*1:哆開とも書くが難しい漢字なん「し」はひらがなで書く

*2:傷口の深さ