Zen3をMSI MAG B550 TOMAHAWKで待ち受ける

 にも書いたようにRyzen 1700からそろそろ乗り換えしたくなった

ソケットがAM4って事でCPUだけを載せ替えれば動くんだったら楽だったんだがそう甘くもない

Zen3を動かしたければX570かB550マザーが必要

 

求める要件としてはSATAポートが6本とケースに余裕があるんでATXマザー

そしてコスパがいいやつ

 

そんな中で選んだのがトマホ

MSI MAG B550 TOMAHAWK マザーボード ATX [AMD B550 チップセット搭載] MB5028
 

 

 

 

20,000円以下他マザーとの比較

B550 Phantom Gaming 4

一番安いやつ、値段だけをむるならこれだった

VRMが6+2と劣るのとLanポートが1GbE

 

CPUエンコードを回してる事が多いからVRMには余裕がほしい

Lanの中で録画ファイルのやり取りをすることがあるから2.5GbEが欲しい

 

 

B550-A PRO

同じMSIでトマホより2,000円安いやつ

2,000円は2.5GbEの追加*1サウンドチップが上位、LEDが発光の価値

 

サウンドチップとLEDに興味はないが2.5GbEが欲しい

 

 

TUF GAMING B550-PLUS

スペック比較動画で激推されていたので気になってた

note.com

問題は価格.comの最安値の値下がり率トマホは発売時から-21.1%、PLUSは9.1%

これのせいで値段がほとんど同じ

 

そしてもう一つ排他仕様

トマホはM.2の2つ目とPCIeと排他、PLUSはM.2の2つ目をつけるとSATAポートが2つ使えなくなる

HDDを多く積む場合この仕様だダメだ

 

 

トマホにしかないもの

デュアルLAN

1GbEと2.5GbEの2つの有線LANポートがある

 

だいたいの人間には何に使うのこれという機能

もろもろ使いみちはあるが詳細は省いて簡単に説明すると以下のような例がある

 

サーバーの公開

今どきNTTフレッツ光を使っていると通常のIPv4接続(PPPoE)だと輻輳問題で速度が遅いのでIPv6プラスとか*2という方式で接続しているが、その場合サーバー公開に必要な外部に対してポートを開放するという操作ができなくなる

その時IPv6接続しているルーターのPPPoEパススルー機能を使用し、それにPPPoE接続用ルーターを接続

それでIPv6プラスとPPPoEの2つの接続方式を両立できる

2つのルーターから伸びる二本のケーブルを別々のLANポートに接続すればPC1台で2つの接続方式を使い分けられる

 

これでも詳細は省いている

 

 

さらにトマホーカーになれる

 

 

おわり

バランスはいい機種

 

そういえばX570からB550まで間が空いたせいでUSB Type-Cフロントヘッダとか今までなかった機能が定番化してる

俺はつかないから関係ない

だって詰め込むのがサーバーケースだし

 

nextaltair.hatenablog.com

記事は書いてないが同じケースの新品をNewEggで買っていた

*1:置き換えではなく

*2:各社で呼び名や通信方式が違う

楽天経済圏にどっぷり浸かってスーパーSALEでしこたま買い込んだんでほんとにお得か計算してみる

月に一度の楽天スーパーSALEでポイントバックを見込んで買い物を待ってる人も少なくないんじゃなかろうか

でも、本当に得なのか心配になったんで計算をしてみる

 

 

スーパーSALEの仕組み

基本はショップの買い周りで、購入した店舗の数を増やしていくと1店舗ごとにポイントバックが+1%される

最大9%のポイントバックが加算

 

購入金額が送料抜きで1000円以上で加算される

結果必要か不要かよく吟味せずに買い周りのためにカネを使うことになる

高価なものを購入する気があるならそれも悪くない判断かもしれない

 

他にもスーパーSELEでの割引なんかもあるが、そういうもんには飛びつくとイマイチな品を掴んだり実はあんま安くなかったりなので注意が必要

 

 

買いまわり以外のポイント倍率

楽天経済圏にどっぷり浸かった人間の例

楽天のサイトでは+1倍の表記だが還元率がよく分かるようにここでは「 % 」表記とする

以上 +6%

バックが何も買っていないときの基本

 

購入でポイントアップ

楽天BooksとKoboでの購入は通常時のポイントアップと買い周り両対応*1

  • 楽天Books +0.5%  1000円以上の購入
  • 楽天Kobo  +0.5%  1000円以上の購入

以上 +1%

大した値じゃない

 

エントリーでポイントアップ

キャンペーンにエントリーでポイント還元される事が多い楽天だが、この辺が見逃しやすくて購入ご悔しい思いをするこういうところが楽天嫌い

以上 +4%

5と0の2%はただ買うだけだからエントリーさえ忘れなけりゃ使い勝手がいい

 

楽天プレミアム

対応ショップで規定の料金以上買うと +1%ポイントバックか、送料のかかる場合500円までの送料分ポイント

+1%が500ポイントを超えるときは500円まで

 

その他

ショップごとにポイント還元率アップとか

 

 

買ったもの

楽天Kobo

合計(税込):3,960円
15%OFFクーポン:-594円
支払い : 3,366円

 

買いまわり +1% (累積 +1%)

楽天Kobo  +0.5%

 

無駄度 : 1

本はどんな時も無駄にはならない

セールで半額とか格安では無いがクーポンも付いた

だが、積本が増えてくのとアマギフの備蓄がまだあるんで無駄度は1

 

 

合計(税込) : 1,353円

 

買いまわり +1% (累積 +2%)

楽天Books  +0.5%

 

無駄度 : 3

安くなってはいない

ばくおんは集めてるがもう買うのやめようかと思ってたところ

風都探偵が発売延期になってなけりゃ無駄度0だったので惜しい

 

 

198円 x6

合計(税込):1,188円
送料(税込):   490円

 

買いまわり +1% (累積 +3%)

 

無駄度 : 4

最寄りのツルハグループのドラッグストアで171円であるのに比べて27円も高いうえに送料もかる  損失は652円

実店舗でも店のポイントや支払いに使う決済方法のポイントが付くんでトントンにはならないかな

f:id:NEXTAltair:20200906035030p:plain

 

 

x 8本

合計(税込):1,120円
送料(税込): 700円

 

買いまわり +1% (累積 +4%)

 

無駄度 : 5

ザ・数合わせ

送料もかかる

楽天内でももっと安くてプレミアム対応のショップでで売ってるのを見つけてすごく悔しい気分だ

加圧式ボールペンはいいぞ。左利きはこれじゃないとすぐインクが出なくなる

 

 

ネスレ Nestle ミロ 700g チョコレート風味 ミロ オリジナル 栄養機能食品*2

合計(税込):1,485円

 

買いまわり +1% (累積 +5%)

 

無駄度 : 4

通販、送料無料の枠では安いんだろうが、240g入が250円で売ってるのを知ってるとえらく割高に感じる

 

 

 

合計(税込):2,016円
送料(税込):799円
クーポン利用:-14円

 

買いまわり +1% (累積 +6%)

 

無駄度 : 3

ハチ激取れが異様に安い

ほかは高いし送料が重くのしかかる

プレミアム対応で500Pは帰ってくるから少し挽回

 

 

合計(税込):2,079円
送料(税込):   480円

 

 

無駄度 : 3

 

送料が重い

Amazon.co.jpのほうが安い

iBUFFALO 両耳ヘッドバンド式ヘッドセット USB接続/折りたたみタイプ ブラック BSHSUH13BK

ポイントバックありならAmazonと同じぐらい。送料がな

 

 

合計(税込): 6,459円

 

買いまわり +1% (累積 +8%)

 

無駄度 : 5

値段そのものが高め

クーポンとかで割引されれば10%OFFだったがそれは見逃した

スーパーSELEで20%ポイントバックがつくがそれでやっと近場のドラッグストアの普段の値段と同程度。ドラッグストアの特売ならもっと安い

 

 

合計(税込):2,650円

 

買いまわり +1% (累積 +9%)

 

無駄度 : 0

いつもの消耗品

地元のリアル店舗で買うとこの二倍ぐらいしおる

 

 

合計(税込):10,620円


買いまわり +1% (累積 +9%最大)

 

 無駄度 : 0

価格.com最安値とほぼ同額で送料も無料

買い回り +9倍 でなんで622Pなのは購入後に改めて同じ商品を買い物かごにいれて何ポイントもらえるかを見ているため上限に引っかかってるから。*3

ショップのポイント10倍は税別価格の10%がちゃんと乗ってるのに

 

 

ST8000DM004

14,940円 x2

合計(税込):29,880円
クーポン利用:-100円

 

買いまわり  +9%最大

 

 無駄度 : 1

最安値より500円ほど高いが楽天の中では最安だった

 

 

合計(税込):17,955円

 

買いまわり  +9%最大

 

無駄度 : 0

Zen3に備えて

どのみち買うものだった

Joshin独自のポイント10%がついてかなりお得に買えたとは思う

 

 

合計(税込):25,278円

 

買いまわり  +9%最大

 

無駄度 : 3

今買う必要があったかと問うとあんまり

正直ほしかったのは OGK カブトの最新型Ryukiはいつ入荷するのかわからん状態なんで一旦見送ってこれを買った

最安より700円これだけポイントバックがついてりゃお得ではあるかな

 

 

金額とポイントバックの合計

商品本体の合計は税込みで104,054円

送料の合計は1,279円

 

買いまわりと楽天経済圏ポイントアップが合計 +21%

*421,851P

 

他ショップ独自のポイントバックの合計

3,152P

 

楽天プレミアム

778P

 

支払金額 : 105,333円

ポイント :   25,781円

実質価格 : 79,552円*5

 

終わり

クソややこしい

エントリーでのキャンペーンはし忘れるとイラつく止めてほしい

購入後どれだけポイントが還元されるかすぐにわかるようにしてほしい

うっかりミスで無駄な消費をさせようとしてる

 

中途半端に安いものでポイント倍率を稼ごうとすると損をするが、買いまわりのポイントアップでもらえるポイントは10,000Pの上限があるんでそれに引っかからないようにしないと逆に損することになる

 

もらえるポイントの大半が期限付きポイントで期限付きはだいたい楽天でんきの支払いに回してるから今回はポイントもらい過ぎで足が出る

有効期限が切れる前にZen3が発売してくれればいいが

 

 

やっぱり普通の消耗品は近場のドラッグストアで買え

ネット通販は地元で買えないものを買うもんだなと改めて思った

 

 

*1:多分買いまわり対象確実じゃないがそうだった記憶

*2:買った店舗は品切れ

*3:購入直前はこんな記事書こうと思わなかったから

*4:ポイントで購入したものもあるため

*5:

Zen3発売がもうすぐなので録画機のグレードアップを考える

nextaltair.hatenablog.com

そろそろ更新のしどき

 

最初の構成から

 

 

とちぐはぐに増強を重ねてきたがさらにホットスワップベイを増やしたいしZen3を搭載したい

 

3ベイをHDD5つ搭載にするやつこれを積みたい

 

 

 

今はB450マザーに1700構成Zen3はBIOSが入っているROMの容量が少ない問題があって動かない可能性がある

AMD to Support Zen 3 and Ryzen 4000 CPUs on B450 and X470 Motherboards

 

なのでZen2を買ってついでにアサクリヴァルハラを貰うっていうのも安く上げたいならあり

となるとSATAコネクタが不足するんでどのみちマザーは買う必要がある。

 

確実にZen3の動くX570・B550マザーを買うか、Zen3発売を待ってZen3対応されたB450マザーを買うか

この2つが選択肢に登るなら前者だろうな

 

トマホーカー*1になりたい

トマホークの名前をもつマザーは安定して動くってジンクスがある

 

MSI MAG B550 TOMAHAWK マザーボード ATX [AMD B550 チップセット搭載] MB5028
 

 

 

*1:Zen1発売時マザーボードの供給が不足したが、何故かMSIのTOMAHAWKのみは在庫が潤沢にあってしかたなくそれを買った人間をそう呼ぶ。海外でも似たような事が起こったらしい。

2020/04/01からセゾンカードの海外利用手数料が上がってた

1.63%から2.2%と30%ONという尋常じゃない値上げ率になってた

 

こうなってくると今まで為替レートがお得ということで、海外通販ではセゾンVisaカードを使ってたが楽天Masterカードのほうがお得かもしれないと思ったんで実際に計算

 

結論から書くと海外利用手数料1.63%のVisaを使えない場合はMasterのほうが得

 

使ってるカードは2枚

セゾンVisa

楽天Master

 

楽天カードの方は海外利用手数料の値上げはなく1.63%据え置き

 

2020/06/30付Amazon.comRyzen 9  3900Xを買う場合最終的に日本円でいくらになるのかを計算

 

セゾンVisaと楽天Masterともう一つAmazon.comの円決済の3パターンで計算

 

Amazon.com円決済

Window

本体価格  $413

最安送料  $11.87

デポジット*1 $38.63

合計 $463.50

 

支払額50,935円

1$レート 109.891(以下略)

 

レートの日付は2020/07/01

 

楽天Masterカードドル決済

Mastercard Currency Converterで計算

Currency Converter from Mastercard | Foreign Currency Exchange Rate Calculator

支払額 50,845円

1$レート 109.699(以下略)

 

 

セゾンVisaカードドル決済

Currency Exchange Calculatorで計算

Currency Converter - Exchange Rate Calculator | Visa

支払額 51,121円

1$レート 110.294(以下略)

 

ちなみに値上げ前の1.63%のままだと

支払額 50,836円

1$レート 109.678(以下略)

Visaの方がやっぱりお得

 

 

終わり

セゾン以外のVisaを持ってればそれでいいが、セゾンVisaしか持ってないからこれはもう海外では使えないわ

 

 価格.comでも6万ほどなのにアメリカ価格は安いなと調べて改めて思った

アメリカが安いというより日本が高すぎる問題なんだが、発売から1年経っても1万しか下がってないって何

 

*1:後で戻ってくる

Western Digital WD Bule SN550を買ったのでレビュー

StoreMIがAMDからダウンロードできなくなったり、FuzeDriveは何かと不安定になる事が多かったり*1SSDをHDDのキャッシュにすることをもうやめた

何よりそれが必要ないんじゃないかというぐらいにSSDの値段が下がった

 

つなぎにSiliconPowerのP34A80 256GBをつなぎに使っていたがAAAクラス二本も入れればすでにパンパン

 

もともと取り付けていたHDDと同じ4TBは無理だとしても大容量のがほしい

とはいっても2TB以上の容量は最低でも3万付近の価格帯でまだ高い

 

メジャーなメーカーだとこの2つが候補に上がってくる

保証は同じ5年間だがCrucialは耐久性が不安なところがあるQLC NANDになっている

Western Digitalの方はTLC NAND*2でちょっと速度も早い。速度については実際の読み込みに違いが出るほどじゃない

 

それにWDのほうが新しめなのでWDS100T2B0Cのほうを買った

値段は15,580円+15%ポイント

 

 

 注文が5月頭だったんでまだ未発売だったから知らなかった

聞いたことがないところのだが、こっちのほうが読み込みが早いしTBWが高い*3

何より安い

 

 

部品

f:id:NEXTAltair:20200601140307p:plain

 

f:id:NEXTAltair:20200601140333p:plain

チップは一つだけのスッキリ仕様

以前から持ってるやつはこれ以下の容量で3チップだったりで技術の進歩を感じる

 

 

f:id:NEXTAltair:20200601144358p:plain

WDの子会社SanDiskの20-B2-10023-A1
DRAMキャッシュなしのコントローラー

 

f:id:NEXTAltair:20200601144347p:plain

SanDiskのNAND

 

 

現在の環境で室温27℃アイドル状態

 

 

実測値

f:id:NEXTAltair:20200601150605p:plain

f:id:NEXTAltair:20200601150634p:plain

f:id:NEXTAltair:20200601151555p:plain

シーケンシャル読み取り最大 2,400MB/s
シーケンシャル書き込み最大 1,950MB/s

と書かれていたカタログスペックの速度はきっちり出してくれる

 

 

温度

f:id:NEXTAltair:20200601163714p:plain

CDM 64GB9回を3連続での温度推移

取り付け方は冷却パラノイアのような合体M.2クーラーを使ってるんでこの温度を見ても役にも立たない

 

 

終わり

WD Blueといえば出始めの頃はM.2 SATAだったのが進化しNVMeになり、今度は速度が上がって容量がアップしてと年々良くなりつつある

来年あたりには2TBとPCIe4あたりか

 

測定値はまだしも体感速度は大した違いはないな

 

おまけ

ASCII.jp:2020年最初の新型SSD WD Blue SN550 NVMe SSDを試す (1/3)

【レビュー】Micronが投入したQLC NAND採用NVMe SSD「Crucial P1」の性能をチェック - PC Watch

QLC NANDフラッシュを採用するCrucial初のNVMe M.2 SSD「P1」シリーズ - エルミタージュ秋葉原

1TB WD SN550: Quick Look : NewMaxx

SSDの選び方(1/5):TBWは値だけ見ても意味がない! - Qiita

 

 

 

 

*1:実質ストライピングするRaid0なのでどちらかのドライブが問題起こすと両方やられるから当然か

*2:価格.comのスペック比較じゃ両方3D NANDとしか書かれてない

*3:買い替え頻度的にTBWを気にしても対して意味もない

SAPPHIRE PULSE RX 5700を買ったのでレビュー

買ったSAPPHIRE PULSE RX 5600XTは初期不良かは解らないが一部ゲームでGPUの使用率が上がらずfpsが出ないという問題が発生

一旦返品して新しく一つ上のSAPPHIRE PULSE RX 5700を買ったがベンチを回そうとするとまた同じ問題にぶち当たった

そこで最後の手段とOSの初期化を試したらGPU使用率が上がった解決はしたが原因が解らん以上なんかもやっとする終わり方だ

 

5600XTは高解像度テクスチャを使う場合VRAM容量が足りないってのが買ってから判ったから結果オーライか

 

 

nextaltair.hatenablog.com

 

値段

商品が36,160円 -17,913ポイント

 

もともと5600XTと5700が値段差があまりないこともあって返品のときに帰ってきたポイントと買ってから溜まったポイントで逆に支払いは安くなった

 

Joshinはネット最安とかも多いし色んなモールに出品してる何かと世話になる

 

 

外観

f:id:NEXTAltair:20200514043303p:plain

PULSEシリーズはぱっと見見た目は変わらん

 

ぱっと見な

 

 

f:id:NEXTAltair:20200514043823p:plain
f:id:NEXTAltair:20200514043929p:plain

左が5700、右が5600XT
おわかりいただけただろうか?

グレードの高い5700のほうがヒートパイプが少ない不可思議な仕様

 

たぶん5700XTのヒートシンクが余ってたとかそんなんだと思うが理由は不明

TECHPOWERUPの5600XTレビューを見ると5700と同じロゴ側のヒートパイプは一本しかない。4GAMERのレビュー記事でも同じ仕様

さらにはSAPPHIREの商品ページでも同じ不思議だ

f:id:NEXTAltair:20200514045657p:plain



 

ベンチ

構成

  値段 購入店舗 購入
Ryzen5 2600 ¥15,000 パソコン工房 セット割 2019/06/08
Lepa Aquachanger 240 ¥9,720 パソコン工房楽天 2018/06/25
XG GAMMIX D10 AX4U2666G16-DBG ¥4,447 NTT-X 2019/07/06
SAPPHIRE PULSE RX5700 ¥36,160 ジョーシン auWowma 2020/05/02
ASU ROG Strix X570-I Gaming ¥34,691 NewEgg 2019/10/14
PLEXTOR PX-256MPeGN ¥4,980 NTT-X 2018/09/22
SP256GBP34A80M28 ¥4,290 dショッピング(ジョーシン) 2019/04/30
       
Ncase M1 v6 ¥24,185 SFFLAB 2019/09/28
SST-SX600-G ¥10,980 PC1,s 2017/05/03
ET322QK ¥42,800 Amazon.co.jp 2019/04/09
  ¥187,253    

ちょっと前までマザーボードが一番高いってちぐはぐだったのがだいぶ改善?した

 

比較用GPUは以下の通り

不具合を起こしていたPULSE RX5600XT

 

もう一つ前のMSI RX 580 ARMOR MK2 8G OC

BIOSチップセットドライバー、グラフィックドライバーのバージョンや、オーバークロックとか揃えてはない。*1

 

下比較表のパーセンテージはRX580からRX5700に変えてどれだけスコアがアップしたか

 

 

Shadow of War ウルトラ フルスクリーン

RX5600XTが不具合起こしてるんでFullHDとWQHDのスコアがやたら低いが4Kは普通

高解像度テクスチャを使うとなるとVRAM6GBしかないRX5600XTでは足りないからGPUの使用率がちゃんと上がってもスコアが伸びないかも

fhd 平均 55 31 87 58.18%
fhd 最低 15 12 13 -13.33%
wqhd 平均 38 32 62 63.16%
wqhd 最低 5 13 12 140.00%
4k 平均 21 31 38 80.95%
4k 最低 9 14 10 11.11%

f:id:NEXTAltair:20200514061040p:plain

特売で23,000円のRX580とはぜんぜん違うRX5700

約1.5倍の価格差がちょうどスコアにも出て来た

しかし、ハイリフレッシュレートモニターで使うなら少し心もとないか

うちは60hz止まりのモニターだから丁度いい

 

 

f:id:NEXTAltair:20200425223729p:plain
f:id:NEXTAltair:20200514061146p:plain

左の不具合を起こしているRX5600XTのGPU使用率の上がらなさ

しかしながら、右のRX5700の方もベンチ開始しても使用率が100%に張り付かないのは気になる

 

 

Rise of the Tomb Raider DX12 最高 フルスクリーン

トゥームレイダー 最新作ではないがShadow of the Tomb Raiderベンチマークが付属してない。なんで消したんだろう寂しい

ベンチマーク機能があるがフレームリミットをいじれなくて60fpsで頭打ちになるトゥームレイダー

fhd 平均 59 59.86 59.96 1.63%
fhd 最低 21 47.49 23.39 11.38%
wqhd 平均 48 59.86 59.96 24.92%
wqhd 最低 19 20.7 25.78 35.68%
4k 平均 28 42.54 45.08 61.00%
4k 最低 18 19.44 25.63 42.39%

f:id:NEXTAltair:20200514062610p:plain

このゲームだとWQHDならRX5600XTで十分で、4Kでは物足りないと帯に短し襷に長しなところがもろにでた

 

 

 

Assassin's Creed Odyssey 最高 フルスクリーン

ヘビーさには定評のあるアサクリ

今年冬に新作のヴァルハラベンチマークついてくれてるとありがたい

fhd 平均 36 38 47 30.56%
fhd 最低 23 7 4 -82.61%
wqhd 平均 32 38 47 46.88%
wqhd 最低 22 9 19 -13.64%
4k 平均 19 24 29 52.63%
4k 最低 13 7 13 0.00%

 

f:id:NEXTAltair:20200514064208p:plain

TECHPOWERUPのレビューでRX5600XTがFullHDで60fpsなんでもっと出てもいいはずなんだがどうも足りてない

常駐ソフトの関係かCPUやメモリーの関係か、最低fpsがOC効いてる2つが高いんでその可能性は大いにある

 

APIのDirectX11はRadeon苦手とするところだからヴァルハラはDX12を使ってもらいたいというかよっぽどのことがなければ使うだろうな

 

 

Monster Hunter World :Iceborn

*2

 

RX5700のデータだけで比較はない

画質最高設定 High Resolution Texture Pack WQHD

f:id:NEXTAltair:20200514132122p:plain

平均でいうと40いくつぐらいでこの設定だとGPU性能が足りない

 

 

FidelityFX CAS + Upscaling  ON

この機能はGPUに負荷を抑えて映像をなめらかにしてくれる機能

この機能を使うと設定は高に固定される

f:id:NEXTAltair:20200514132801p:plain

GPUの余力を残したまま60fpsで安定してくれている

 

 

 

 

終わり

FullHDの60fps環境でやるには丁度いい値段と性能

 

高解像度テクスチャを扱える8GBのメモリーを積んだ現行の中では安い、競合するRTX2060Superは得手不得手で一長一短だがだいたい同じぐらいの性能だが、レイトレーシングを積んでるぶんちょっと高い

 

www.youtube.com

も少し安定して60fpsがほしいとかならあと10,000~20,000円高いRTX2070かRX5700XTなんだろうがこの値段差は大きい

 

 

 

 

 

 

おまけ

特に必要もないベンチマークとかも

  CPU Ryzen5 2600 Ryzen5 2600 Ryzen5 2600  
  最大クロック(GHz) 3.9 3.9 3.9  
  OC   4.025    
           
           
  メインメモリ XG GAMMIX D10 AX4U2666G XG GAMMIX D10 AX4U2666G XG GAMMIX D10 AX4U2666G  
  メモリ規格 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666  
  容量 16G 16G 16G  
  OC   2933 2660  
           
  GPU MSI RX 580 ARMOR MK2 8G OC SAPPHIRE PULSE RX5600XT SAPPHIRE PULSE RX5700  
  Driver 19.10.22 20. 04.1 20. 04.2  
           
  マザーボード ROG Strix X570-I Gaming ROG Strix X570-I Gaming ROG Strix X570-I Gaming  
  チップセット X570 X570 X570  
  BIOS 404 1407 1407  
           
システム ストレージ PLEXTOR PX-256MPeGN PLEXTOR PX-256MPeGN PLEXTOR PX-256MPeGN  
  種類 NVMe NVMe NVMe  
  容量 256 256 256  
           
FuzeDrive ストレージ シリコンパワー
SP256GBP34A80M28
シリコンパワー
SP256GBP34A80M28
シリコンパワー
SP256GBP34A80M28
 
  種類 NVMe NVMe NVMe  
  容量 256 256 256  
  ストレージ WD40EZRZ-RT2      
  種類 SATA HDD      
  容量 4000      
           
PASSMARK10 PASSMARK 4001.5 4084 5319 32.93%
PASSMARK CPU 13512.8 11535.1 13279.5 -1.73%
PASSMARK 2D 542.1 417.2 719.8 32.78%
PASSMARK 3D 9675 12112.1 15486.8 60.07%
PASSMARK MEMORY 1982 2081.9 2426.3 22.42%
PASSMARK DISK 3877 8895 11713 202.12%
Chine15 OpenGL(fps) 103.32 108.09 115.05 11.35%
Chine15 CPU(cb) 1157 1300 1186 2.51%
Chine20 CPU(cb) 2548 2908 2654 4.16%
CrystalMark Mark 359639 344702 345677 -3.88%
CrystalMark ALU 83561 76351 68544 -17.97%
CrystalMark FPU 57901 55277 50035 -13.59%
CrystalMark MEM 102267 86656 82588 -19.24%
CrystalMark HDD 40294 57754 60394 49.88%
CrystalMark GDI 12743 10625 12005 -5.79%
CrystalMark D2D 4771     -100.00%
CrystalMark OGL 58102 58039 72111 24.11%
GEEKBENCH4 Single-Core Score 4345 4558 4269 -1.75%
GEEKBENCH4 Multi-Core Score 19614 22090 21004 7.09%
GEEKBENCH4 OpenCL Score 132016 272961 283951 115.09%
GEEKBENCH5 Single-Core Score   1010 4324 #DIV/0!
GEEKBENCH5 Multi-Core Score   5970 20751 #DIV/0!
GEEKBENCH5 OpenCL Score   58497 63074 #DIV/0!
GEEKBENCH5 Vulkan Score       終わらない #DIV/0!
CPU-Z SingleThread 442.7 440 430.6 -2.73%
CPU-Z MultiThread 3362.7 3595.1 3405.3 1.27%
スーパーπ 26万 00分02秒 00分02秒 00分02秒 0.00%
スーパーπ 3355万 11分20秒 11分05秒 11分04秒 -2.35%
x264_FHD_Benchmark fps   42.97 38.47 #DIV/0!
x264_FHD_Benchmark kb/s   22397.58 22397.58 #DIV/0!
HWBOT x265 Benchmark 4K Rialtime  (fps) 7.28 8.33   -100.00%
HWBOT x265 Benchmark 4K Low 7.09 7.9   -100.00%
HWBOT x265 Benchmark 4K High 7.27 8.32   -100.00%
HWBOT x265 Benchmark FHD Rialtime 29.81 33.78   -100.00%
HWBOT x265 Benchmark FHD Low 29.44 32.62   -100.00%
HWBOT x265 Benchmark FHD High 29.95 33.8   -100.00%
3DMark11 FullHD 3DMark11 5055 8514 8818 74.44%
3DMark CLOUD GATE 32101     -100.00%
3DMark Sky Diver 29453 36723 36611 24.30%
3DMark FIRE STRIKE 12423 17301 18204 46.53%
3DMark FIRE STRIKE EXTREAM 1.1 6162 9587 10327 67.59%
3DMark FIRE STRIKE Ultra 3287 5377 5718 73.96%
3DMark Time SPY 4443 7078 7475 68.24%
3DMark Time SPY EXTREME 1960 3184 3502 78.67%
3DMark Night Raid 29672 31602 32529 9.63%
3DMark API Overhead feature test DirectX 11 Multi   1428713 1321354 #DIV/0!
3DMark API Overhead feature test DirectX 11 Single   1443817 1390528 #DIV/0!
3DMark DirectX 12 draw calls per second   22200887 21126074 #DIV/0!
3DMark Vulkan draw calls per second   19902098 17681906 #DIV/0!
3DMark PCI Express feature test GB/s   13.28 12.96 #DIV/0!
PCMark V1.0 5348 4557 4851 -9.29%
PCMark Express 4835 3761 4078 -15.66%
PCMark Extended 6378 6119 6507 2.02%
CatZila fhd 12165 17006   -100.00%
CatZila wqhd 6606 10820   -100.00%
CatZila 4k 3474 5780   -100.00%
MSI Kombustor v4 x64(GL) msi-01 fhd       #DIV/0!
MSI Kombustor v4 x64(GL) msi-01 wqhd       #DIV/0!
MSI Kombustor v4 x64(GL) msi-01 4k       #DIV/0!
ff15 高 フルスクリーン fhd 4280 5957 9442 120.61%
ff15 高 フルスクリーン wqhd 3211 4568 6917 115.42%
ff15 高 フルスクリーン 4k 1917 2772 3805 98.49%
ff14 紅蓮 最高 フルスクリーン  fhd   12660 13393 #DIV/0!
ff14 紅蓮 最高 フルスクリーン  wqhd   10562 11284 #DIV/0!
ff14 紅蓮 最高 フルスクリーン  4k   5604 6151 #DIV/0!
ff14 漆黒 最高 フルスクリーン  fhd 10596 11610 13028 22.95%
ff14 漆黒 最高 フルスクリーン  wqhd 7167 10479 11393 58.96%
ff14 漆黒 最高 フルスクリーン  4k 3573 5728 6391 78.87%
PSO2 設定6 フルスクリーン FullHD 27706 完走不能 44177 59.45%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン fhd 平均 55 31 87 58.18%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン fhd 最低 15 12 13 -13.33%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン wqhd 平均 38 32 62 63.16%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン wqhd 最低 5 13 12 140.00%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン 4k 平均 21 31 38 80.95%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン 4k 最低 9 14 10 11.11%
Assassin's Creed Odyssey 最高 フルスクリーン fhd 平均 36 38 47 30.56%
Assassin's Creed Odyssey 最高 フルスクリーン fhd 最低 23 7 4 -82.61%
Assassin's Creed Odyssey 最高 フルスクリーン wqhd 平均 32 38 47 46.88%
Assassin's Creed Odyssey 最高 フルスクリーン wqhd 最低 22 9 19 -13.64%
Assassin's Creed Odyssey 最高 フルスクリーン 4k 平均 19 24 29 52.63%
Assassin's Creed Odyssey 最高 フルスクリーン 4k 最低 13 7 13 0.00%
Rise of the Tomb Raider DX12 最高 フルスクリーン fhd 平均 59 59.86 59.96 1.63%
Rise of the Tomb Raider DX12 最高 フルスクリーン fhd 最低 21 47.49 23.39 11.38%
Rise of the Tomb Raider DX12 最高 フルスクリーン wqhd 平均 48 59.86 59.96 24.92%
Rise of the Tomb Raider DX12 最高 フルスクリーン wqhd 最低 19 20.7 25.78 35.68%
Rise of the Tomb Raider DX12 最高 フルスクリーン 4k 平均 28 42.54 45.08 61.00%
Rise of the Tomb Raider DX12 最高 フルスクリーン 4k 最低 18 19.44 25.63 42.39%

 

 

 

*1:バージョンとOCの値はおまけ参照

*2:スペルを確かめたらBorn(生まれ)でも、Bone(骨)でもなくてBorneだった。意味は〇〇の上からくるものでということでIcebornは氷上から運ばれてくるものと言う意味。ゲーマー的にはエアボーンとかヘリボーンとかが馴染み深い

SAPPHIRE PULSE RX 5600XTがモンハンとかアサオデでfpsが上がらない問題(未解決)

結論から先に書くと、現段階で明確な解決策はなくドライバーのアップデート待ちになりそう

2020-05-04 追記

代わりにPULSE RX5700を取り付けても同じ症状が出た。これ以上返品手続きをするのも嫌だったんで最終手段としてWindowsの初期化を試したらfpsが上がるようになった

 

現象

前回に書いたときにはベンチマークは次にと思ってたが、スコアを図ってる最中におかしなことになった

Shadow Of Worのベンチマーク機能を使ってfpsを測ると前に使っていたMSI RX580 ARMOR MK2を下回るfpsしか出なかった

 

結果は表のように30fps近辺でフレームレートが頭打ちになる

Shadow of War ウルトラ フルスクリーン fhd 平均 55 31 -43.64%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン fhd 最低 15 12 -20.00%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン wqhd 平均 38 32 -15.79%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン wqhd 最低 5 13 160.00%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン 4k 平均 21 31 47.62%
Shadow of War ウルトラ フルスクリーン 4k 最低 9 14 55.56%

 

最初はRX580よりVRAMの容量が少ないせいかと思って画質の設定を最低に落としてみても30fps近辺で頭打ち

同様の現象がAssassin Creed ODYSSEY、モンスターハンターワールドでも起こった

fpsがちゃんと上がるタイトルはバイオハザードRe3やRise of the Tomb Raider

 

 

試行錯誤その1

  1. マザーボードBIOSアップデート(Ver1407)
  2. DDUでGPUドライバーのアンインストールからの再インストール(Ver20.4.1)
  3. GPUBIOSのアップデートをしようとするが、最新だった(Ver103)
  4. BIOSのリセット
  5. Chipsetドライバーのアップデート(Ver2.04.04.111)

自力で思いついた対策はこの程度

どれも効果なし

 

 

試行錯誤その2

自力では限界があるんで助けを乞う

助けてRedditer! RX5600XTでfpsが出ないの : jisakupc

 

フレームリミットがかかってるんじゃないか?

  かかっていない

 

ディスプレイ側でフレームリミットが働いてるんじゃないか?

  はたらいてない

 

垂直同期をOFFにしてfpsが上がるか試してみ?

  もともとOFFだった。 ONにして試すとfpsが5ほどマイナスされた

 

Adrenalin 2019 19.9.2って旧Verのドライバーを試してみ?

  RX5600XT発売以前のドライバーのためインストール不可能だった

  19.10.2も試したがやっぱりインストール不可能

 

「HDMIスケーリング」のスライダーを変更すると,フレームレートが30fpsで固定されてしまうことがある

  これが怪しいと当たりをつけてみたがRX5600XTではスライダー自体が存在しなかった

  VEGA56ではあるらしい

 

一部ゲームでGPU使用率上がらずfpsが出ない問題が各所であがってるが、解決策はない

  実際にSoWベンチをRadeon Softwareで記録をとってみると使用率が安定せず40%も出ずかなり変なグラフになってる

f:id:NEXTAltair:20200425223729p:plain

 

下は正常なトゥームレイダーのグラフ。使用率がギザギザしていない

f:id:NEXTAltair:20200425223903p:plain

 

試行錯誤中に新ドライバーの20.4.2が出た

  入れても効果なし

 

Unigine Heaven benchを試してみ

  fpsは出ているので、GPUそのものは問題なさそう

 

試行錯誤中その3

もうこれはダメかも知らんねと代理店であるアスクに連絡

原因の特定が困難なんで購入したお店に返品の手続きを頼むように言われる

 

 

終わり

現在返品作業に移るか悩み中

SoWベンチを動かす上で前のRX580に比べてVRAM容量が2GBほど少ないんで高解像度テクスチャが扱いきれないという問題に今更ながら気づく

 

 PULSEの5700が同価格帯に居るし気になってるが、RX5700XTでも同様の報告があがってるしすぐ返品でこれを買うとはならない

RTX2060は同じぐらいの性能で同じVRAM容量だがちょっと高い、VRAM8GBのSUPERはさらに高い

レイトレーシングは要らないし、悩む

RTX2070は予算超過がすぎるし

給付金10万って臨時収入もあるがこれは最悪自分が倒れたときの治療費に使ってかからないまま収束した時に使いみちは考えたい

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 5700 8G GDDR6 HDMI / TRIPLE DP OC W/ BP (UEFI)

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 5700 8G GDDR6 HDMI / TRIPLE DP OC W/ BP (UEFI)

  • 発売日: 2019/08/23
  • メディア: Personal Computers