Zen2 Ryzen3000シリーズは日本円でいくらならASKを許せるのか

ASK税と呼ばれる販売代理店手数料がかかり希望小売価格と為替レートから剥離をすることで悪名高い日本のPCパーツ業界

 

特にThreadRipperの件はひどくて高価な設定にしすぎてクレームが付いたからと発売2週間で大幅値下げ、早期購入者にはクオカードでキャッシュバックという意味のわからない対応で各方面から怒りを買った事は印象深い

 

残念ながら国内流通価格は謎の自作為替レート換算が働き、1950Xが税込15万7464円、1920Xが税込12万5064円と、やや高く設定されてしまった。ライバルとなるCore i9-7900Xの初値が税込約12万5000円前後(原稿執筆時点の実売価格は11万6000円前後)であるため、Ryzen Threadripperの武器のひとつである“価格の安さ”を捨て、割高な価格設定で勝負するというハンデ戦を強いられることになった。

https://ascii.jp/elem/000/001/530/1530439/

 

この手の高価なパーツはコアな人が初回にバーッと買って、あとはゆっくり売れていく感じになります。だから、今さら値下げしても売れ行きにはほとんど関係しませんよ。むしろ第一波で入手した人たちの不興を買っただけじゃないかと思います。昔、P67/H67マザーみたいに発売後に不具合が見つかって回収ということもありましたが、ああいう早い者負けみたいな状況は避けるべきです。ましてや今回は技術的な問題じゃありませんからね。今後はなしにしてほしい」

Ryzen Threadripper、2週間目の大幅値下げに「効果なし、もくしは逆効果」の声 (1/4) - ITmedia PC USER

 

 

Zen2 Ryzen3000シリーズは日本円でいくらならASKを許せるのか

ThreadRipperの件もあり心を入れ替えたのか

 

RavenRidgeのRyzen3 2200GアメリカのAmazon.comから個人輸入したときを元に計算

Currency Exchange CalculatorというVISAの為替レート計算をつかう

ここにAmount(支払価格)、Bank Fee(為替手数料 1.63%)、日付(2019-06-21)を入れていくらになるかを計算

 

 

アスク税の例

2200GをAmazon.comで購入

 2200G $99 +送料$18.83=  $117.83

これが支払額になる

これに対して。使っているカード会社によっても違うがオレの場合VISAなので両替の手数料として1.63%がかかる

それを金額を購入日の交換レートで計算すると合計金額が算出される

 

Ryzen3 2200Gの場合合計で約13,000円だった。当時の為替レートが1ドル110円ほどで日本で発売されたときの初値13,587円

 

あまり差がなさそうに見えるが2200Gの$99は小売店の利益も乗っかった小売り価格で、各家庭にアメリカから運ばれてくるわけじゃないので不要な送料も上乗せされているのがポイント

逆に消費税でアスク関係なく値が上がってるのもある

 

実際のレートが1ドル110円に対して、アスクのレートが127円

約15%を小売希望価格からさらに持っていっているちょっと異常

 

 

 

計算と予想

本体のみでの価格を計算

 

3950X

$749

82,324.100733 Japanese Yen

8万前半なんて良心的な値段にするはずがない

+10%は固い

+20%で10万近くも現実的

 

9.5万前後の+15%と予想

一切の頑張りもなく褒められもしない。9万切れれば褒めてあげる

 

 

3900X

$499

54,846.096483 Japanese Yen

 

ラインナップに新しく加わったナンバーなんで予想が難しい

+10%で6万前後か?

かなりお買い得感高いモデルなんで更に盛って7万近くも捨てきれないというかその可能性が高い

6万切って5.7万とかだと褒められる

 

 

3800X

$399

43,854.894783 Japanese Yen

 

同じ$399で発売された1700Xは46,309*1

当時と今じゃ為替レートが違うが、この値段で出せば評価はする

が、あと2,000円ほど高くなりそう

 

 

3700X

$329

36,161.053593 Japanese Yen

 

同じ$329で発売された1700は38,274円

この価格で出れば頑張ってる方

実際はサンキュッパぐらいかな

 

 

3600X

$249

27,368.092233 Japanese Yen

 

同じ$249で発売された1600Xは30,757円

これはこのぐらいで出る気がする

3万切れば褒められる

 

 

3600

$199

21,872.491383 Japanese Yen

 

同じ$199で発売された2600は22,769円

これなら文句なし

 

 

答え合わせ

売店から価格情報がでた

うっかりフライングしたっぽいから消えるかもしれないかわインターネット・アーカイブもつけておく

e-zoa.com|商品検索結果 - AMD

e-zoa.com|商品検索結果 - AMD

予想価格は税抜きの場合

輸入は参考小売価格+デポジット10%*2

をで2019/06/30のレートで注文した場合

 

3900X

税込み : 64,600円

税抜き : 59,814円

    予想 : 6万前後

     輸入:62,655.円

予想当たり

頑張ってはいないASKお前はそういうやつだよなと

ブチ切れるほどではない

 

 

3800X

税込み : 50,800円

税抜き : 47,037.円

    予想 : 46,300円

     輸入:50,498円

予想から+700円

高くなったが個人輸入するほどでもない

 

 

3700X

税込み : 43,000円

税抜き : 39,814円

予想 : 39,800円

輸入:42,049円

予想当たり

ここも絶妙に嫌な値付

 

 

3600X 現時点ではそれらしい価格が出ていなかった

税込み : 円

税抜き : 円

    予想 : 円

     輸入:円

 

 

 

3600 現時点ではそれらしい価格が出ていなかった

税込み : 円

税抜き : 円

    予想 : 円

     輸入:円

 

 

真・答え合わせ

AMD、第3世代Ryzenの国内価格を発表 - PC Watch

正確な価格情報が発売2日まえにして公開されたんで、

 

3900X

税込み :64,584円

税抜き : 59,800円

    予想 : 6万前後

     輸入:62,655.円

Zoa側のリークと差はない

 

 

 

3800X

税込み :50,738円

税抜き : 46,980円

    予想 : 46,300円

     輸入:50,498円

予想から+620円

Zoaリークより少しやすい程度

 

 

3700X

税込み : 43,000円

税抜き : 39,814円

    予想 : 39,800円

     輸入:42,049円

予想大当たり

嬉しくはないなあと1,000円でも安ければな

 

 

ここから下Zoaでリークがなかったモデル

3600X

税込み : 32,184円

税抜き : 29,800円

    予想 : 30,757円

     輸入:32,360円

予想より安いが 税込みで30,000円を切ってほしかった

 が、まあ妥当

 

3600

税込み : 25,898円

税抜き :23,980 円

    予想 : 22,769円

     輸入:26,879円

ここへ来てやっと個人輸入より安い価格になったな

 

 

ASKは許されたのか

むしろ全体を眺めて個人輸入価格と比較することで怒りが増した

 

個人輸入とほとんど同じ価格のところを狙ってくるイヤらしい戦法

なんで最上位オプションの送料を足した金額と同じ価格になるのか

 

発売日数週間遅れて到着するのが容認できれば配達オプションを安いプランにしてアメリカから送ってもらうのもありか

 

発売日にほしいなら現在D払いが20%ポイント還元キャンペーン中だからそれを使える場所で買えば実質価格でいうと20%OFF

他にもドスパラAmazonPayを使うと35%還元なんてのもある。合算して還元35%になるかは保証できないが

国内で買うならこういったキャンペーンで買うと非常にお得

 

 

 

おまけ

WikipediaThreadRipperの値段調べてたら価格の項目日本円の方は初値ではなく改定後の値段になっていた。改定前の値段を書くほうが正しいだろう。変なやつに粘着されそうな気がするから自分は直さないけど

 

*1:価格.comの初値から消費税分を引いた値段

*2:消費税分を差し引かれた額が帰ってくる+Amazon.comの最上級の配達オプション$21.31((Ryzen7 2700Xを輸入するときの価格