ET322QKwmiipxを買ったばかりなのにニューモデル「ET322QKCbmiipzx」が出たので比較する

pc.watch.impress.co.jp
そうか、モデルチェンジが控えてたからやすかったんだな
大きな違いはHDR600規格の認証を受けているため輝度の表現力がぐっと上がってる

 

 

 比較表

ET322QKCbmiipzxET322QKwmiipx商品ページよりスペックが違う部分だけ抜粋

型番 ET322QKCbmiipzx   ET322QKwmiipx
色再現性 NTSC比 95%   sRGB 100%
High Dynamic Range DisplayHDR 600   HDR Ready
輝度 400 cd/㎡(標準)、600 cd/㎡(HDR600モード、ピーク時)(白色LED   300cd/㎡(白色LED
入力周波数 水平 30-160 kHz(HDMI)、160 kHz(DisplayPort)   30-160 kHz
垂直 40-60 Hz   40-75 Hz
       
その他の接続端子 USB3.0 × 4(1up 4down)   非搭載
ブルーライト軽減 ブルーライトシールド   ブルーライトフィルタ
その他の機能 フリッカーレス、Adaptive Sync   フリッカーレス、
AMD Free Sync
消費電力 通常(※弊社実測値):45 W、最大:152 W、スタンバイ/オフモード:0.46 W / 0.33 W   通常(※弊社実測値):47 W、最大:62 W、スタンバイ/オフモード:0.45 W / 0.34 W
環境条件 温度:0~40℃
湿度:20~80%(結露のないこと)
  温度:5~35℃
湿度:20~85%(結露のないこと)
本体色 ブラック   ホワイト
角度・高さ調整 チルト角:上11.5° / 下3.5°
スイベル機能:なし
高さ調整機能:なし
ピボット機能:なし
  チルト角:上11.5° / 下3.5°
スイベル機能:なし
高さ調整機能:なし
ピボット機能:なし
VESAマウント 100 × 100 ㎜対応   100 × 100 ㎜
ケンジントンロック 搭載   搭載
重量 スタンドあり: 約7kg、スタンドなし: 約5.94kg   スタンドあり: 約6.78kg、スタンドなし: 約5.62kg
主な付属品 HDMIケーブル(1.5m)、USB3.0ケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、ユーザーガイド、保証書、ヘッドホン用フック、修理依頼書  

DisplayPortケーブル(1.4m)、電源ケーブル(1.4m)、クイックスタートガイド、保証書

 

 

色再現性(色域)

NTSC 95%とsRGB100%

調べてみたがどっちがいいとも言えない、表示色自体両者変わらずなので大した違いはないだろう

第1回 大事なのは"正しい色"を表示できること――液晶ディスプレイの「色域」を理解しよう | EIZO株式会社

 

輝度

HDR600認証のおかげで明暗の表現幅が二倍になった

 

USBハブ

これモニターに居るかは甚だ疑問

 

その他機能

Adaptive SyncとFreeSyncは同じだ書き方が違うだけ。G-Sync用のチップを搭載しなくてもG-Syncが使えるようになったから書き方を変えたんだろう

 

主な付属品

ヘッドホン用フックが新型だと付くみたいに書いてあるが、旧型でもついてきた

いらねーと思ったからレビューにも書いてないが

 

結論

大したことはねえぞと

ゲームと作業領域という用途なら前の型の方が安くていい

スペック表比較ではわからないが、前のレビューで書いたように仕様変更がないならばFreeSyncとHDRが共存できないらしく、DisplayPortのバージョンが1.2のままとHDR表示には対応していない

いま新モデルを出すなら、DP1.4とFreeSync2対応とかならば俺はかなり悔しがったろうに